. SIAMESE INDY ラオスの歌姫アレクサンドラが東京にやってくる!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの歌姫アレクサンドラが東京にやってくる!
1月31日に、ラオスの歌姫アレクサンドラのチャリティーライブ&トークが東京の広尾のJICA地球広場にて開催されます。

ラオスのポップカルチャーにはあまり詳しくない私ですらアレクサンドラは知っています!おおたか静流さんもゲスト出演されるとは豪華ですね。他にもラオス文化紹介などもあるようですので、ラオスに関心のある方には絶好の機会かもしれません。

共催のシャンティ国際ボランティアさんはラオス以外にもタイ、カンボジアなどのアジアの国で活動しており、私もタイ留学中にバンコクの事務所に何度かうかがい簡単なお手伝いをしたことがあります。

詳細はこちらをご覧ください。
「ラオス子どもの家」私のいちばん好きな場所 ラオスの歌姫 アレクサンドラ チャリティーライブ&トーク(PDFファイルです)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
私も
彼女好きです・・・タイでも歌姫として認識されてるんですか?
ドラマでは、なかなか郷土色を生かした(?)役柄を演じてましたけど、
小ブレイクして、その後トーク番組に出演していたとき、彼女にだけ字幕がついていて
「そんなに訛ってる??」と思いました。
いや~、許容範囲だと思ったんですけどね。
ラオポップって結構面白いものが多くて、見てて飽きません。
もちろんラオルークトゥンも・・・でもやっぱりタイとはツボが違うんですよね。不思議~。
【2009/01/21 09:53】 URL | hana #- [ 編集]


hanaさん、ラオポップにも詳しいんですね!
タイでも歌姫として認識されているかはわかりませんが
(たぶんされていないと思う・・・)
わたしにとってラオスの芸能といったら彼女しか思いつきません。
【2009/01/22 00:53】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/343-3cb62564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。