. SIAMESE INDY タンスカ監督 回顧上映会
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンスカ監督 回顧上映会
タイ・インディペンデント映画界で大活躍する2人の映像作家、タンスカ監督とパーヌ監督の過去の作品が一挙公開です。

thunska panu
copyright: thaiindie

Thunska Pansittiorakul & Panu Aree: A retrospective 2000-2008 videos compilation
日時:18-20 April 2008,
    19:00-23:00 PM
場所:VER Gallery
そして、入場無料!

VER Galleryは先日のバンコク実験映画祭のオープニングにも使われた、まだ新しい(できて1~2年くらい?)ギャラリーです。このギャラリーに関しても、またいつか別途お話したいです。

本日は、P'Poonことタンスカ監督について簡単にご紹介します。

彼の作品を知らないという方は多いかもしれません。
映画館やDVDでみることは基本的にできません。

しかしタイ・インディペンデント映画界では、知らない人はいない
タイを代表する映像作家さんなのです。

名門チュラロンコーン大学の教育学部芸術教育科を卒業、
現在は、映画制作のほかにも、映画雑誌にコラムを書いたり、大学で教鞭をとっています。

Thaiindieというタイ・インディペンデント作家の団体を2004年に設立、
そこのリーダーとしてタイ・インディペンデント映画をプロモートしているのがタンスカさん。
このThaiindieは、国際映画祭に多く出品している若手映画監督がたくさん所属している団体です。

彼の代表作『Happy Berry』というサイアムスクエアにお店を持つ若者たちの生活を赤裸々に描いたドキュメンタリー作品は第4回台湾国際ドキュメンタリー映画祭でグランプリをとり、いまや世界に注目されるタイ映画監督として認識されています。

そんな国際的に評価を受けるタンスカなのですが、
彼の作品をタイ国内でみる機会は、ほとんどありません。
せいぜい映画祭やプライベートな上映会くらいです。

なぜかというと、

彼の作品、タイの倫理観からすると、かなーり過激なんです。

私も数本しかみたことないのですが、

例えば、

男性器がもろにみえる(そしてその形状が変わっていく)ものや
タイの若者の赤裸々な性生活など。

彼の作品は、セクシュアリティーや若者をテーマにしたものがほとんどです。

ま、タイ検閲委員会を通ったら確実に対象になりますな。
(※タイの場合、映画祭やプライベートの上映会などの特別な場合は、検閲委員会を通す必要はありません。)

タンスカ監督の場合、むしろ意図的にそうしているのだと思いますが。

権威で隠そうとしてるものをあえて見せてやる、
そんなメッセージが伝わってきます。
(というようなことをthaiindieのインタビューでも答えてますし)

そんなタンスカ監督、2007年には、タイ文化省から中堅(30~50歳)のもっとも期待されるアーティストに送られるシラパトーン賞(Silpathorn award)の映画部門を受賞しています。

このシラパトーン賞映画部門、ペンエーク(『地球で最後のふたり』、『インビジブルウェーブ』)、ウィシット(『怪盗ブラックタイガーの涙』『シチズンドッグ』)、アピチャッポン(『ブリスフリーユアーズ』『トロピカルマラディ』)といったタイを代表する映画監督が過去に受賞しています。

こんな過激で、映画祭などの特別な機会にしか上映されないのに、シラパトーン賞をとってしまうなんて(しかも政府機関から!)
どれだけタンスカ監督が注目されているかわかるでしょう。

そんなタンスカ監督の作品が一挙公開です。
はっきりいって、こんなチャンス、めったにありません。
私も見ていない作品がたくさんあります。

できることならば、バンコクに駆けつけたい!!

バンコクにいる方はどうぞお見逃しなく。
(結構過激なのもあるので、そのあたりはご自分の判断で。笑)

もう一人のパーヌ監督については、次回、書こうと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/35-6a5dfc1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。