. SIAMESE INDY 今年もロッテルダムはタイ映画がいっぱい
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もロッテルダムはタイ映画がいっぱい
ロッテルダム国際映画祭といえば、インディペンデント映画やアジア映画が多く上映されるイメージがありますが、今年も多くのタイ映画が上映されています。

1月21日からはじまっていますが、ホラーや短編を中心のラインナップです。

例えば有名どころなら、『4Bia』や『Body #19』、『Art of the Devil 3』、『The Coffin』、『Screen at Kamchanod』そしてアニメーションの『Nak』や現在タイで公開中の台湾との合作『The Fatality』など。ホラー映画はタイ映画の中でも特に世界的に注目されているジャンルだと思います。実はチュラ大で仲のよかった韓国人の友人がタイのホラー映画で博士論文を書きたいといっており、どういった論文ができあがるのか今から楽しみ。わたしはホラー映画を観るのはあまり得意でないので、他力本願です(笑)。

一方、タイのインディペンデント映画も世界的に注目されているジャンルのひとつだと思います。毎年開催されるタイ短編&ビデオ映画祭にも海外からの観客がいたりしますし。今年は政治色の強いものが多く上映されているそうで、こうなるとまさに私の研究分野だったわけで、いますぐロッテルダムに飛んでいきたいくらいです。やっぱり注目されているんだなと実感。

Thunska Pansittivorakul監督は何度かこのブログでも紹介していますが、同性愛や性をテーマにタイ社会を斬っている作品が多いです。

Uruphong Raksasad監督はバンコクが忘れつつある北タイののどかな生活を美しく描きます。ちなみに今回上映される『Agrarian Utopia 』はピンパカ監督のExtra Virginがプロデュースしてます。Uruphong監督は画がとても印象的でシネマトグラファーとして好きです。

Jakrawal Nilthamrong監督はアピチャッポン監督と同じスクール・オブ・アート・インスティテュート・シカゴで修士をおさめた若手のイケメン監督で、かなりアート・実験ぽい印象です。アピチャッポン好きな方は絶対注目しておいたほうがいいと思いますよ。

あとはアピチャッポン監督のアシスタントで、『Syndromes and a Century』に言及したSompot Chidgasornpongse監督の『Diseases and a Hundred Year Period』なども上映されます。

アピチャッポンやペンエーク、ウィシットらの次世代のインディペンデント映画監督たちもかなり面白いですよ。ああ、観たい作品ばかりだなあ。

ロッテルダムでのタイ映画の上映作品に関しては、タイ映画ライターのWisekwaiさんのブログが詳しいです(英語)。

WISE KWAI'S THAI FILM JOURNAL: Utopia, Quarantine, ghosts and more at Rotterdam

あとはこちらも同じくWisekwaiさんの記事ですが、

DailyXpress: THE HAUL FOR HOLLAND

上映スケジュールなどはロッテルダム国際映画祭の公式サイトをご覧ください。果たして、このブログを読んでくださってる方でオランダにいらっしゃる方がいるかどうかはわかりませんが(笑)。1月21日から2月1日まで、オランダのロッテルダムで開催中です。

ロッテルダム国際映画祭 公式サイト

ちなみにタイ映画以外にもたくさんの東南アジア映画が上映されてますね。

ロッテルダム国際映画祭で上映されるアジア映画

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
4bia
4biaの一番初めの作品は、ほとんど一人芝居だったのですが、なかなか怖いものの正体がわからず、すごく怖かったです。最後の場面で、ああ、そういうことだったのかって納得するような作品で、ショートショートの作品では見事でした。

何番目かの作品にサーイパーンも出てきます。最後の場面で私には何も見えないのと言って自分の目をえぐり取ってしまう役を演じていました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kob/a/act61/parn/ptop.htm

このVCDは、とっくに販売されているのですが、TAKAさんは、すでに、ご覧になられているのでしょうか?

【2009/01/27 23:02】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


4biaのDVDはもってません。前回タイにいったときにはまだリリースされてなかったんです。でも評判はいいですね。タイの短編映画はけっこうレベル高いと思いますよ。
【2009/01/27 23:17】 URL | taka #- [ 編集]


こんにちは。
ホラー映画の話なのでしゃしゃり出てきました。

4biaのサーイバーンの話は第2話と思います。
第3話がキャンプの話で、第4話がキャビンアテンデントの話だったと思います。
ところでリンクを見て気がついたのですが、彼女は「PLOY」でプロイを演じていたのですね。
いまのいままで全然気がつきませんでした(情けない。。。)

おふたりにはあまり関係ないとは思いますが、タイ映画のDVDもタイ語が分からない者(わたしです。。。(泣))には英語字幕なしだとキツイものがあります。
4biaのDVDもおそらく英語字幕なしと思います。
そんなときは台湾版や香港版のDVDが字幕つきでオススメです。
タイの、特にホラー映画は人気があって多くが公開されてDVDも出ています。
4biaも昨年に公開されたのでDVDが出る(すでに出ている?)と思います。

私はホラー映画が好きでよく見ます。
ここ2、3年のタイのホラーもの(コメディ系を除く)で未見なのは「Ghost Mother」と「Coming Soon」くらいかも知れないです。
タイのホラー映画はとても面白いと思います。
特にストーリーにひねりがあって、しかもそれに無理がないところが気にいっています。
もし残虐シーンがあってホラーが苦手という場合でも、たとえば記事に出ている作品では「Body#19」や「Screen at Kamchanod」は残虐シーンがあまりなく(完全にないとはいきませんが)面白いのでおすすめと思います。
【2009/01/28 04:09】 URL | とおと #- [ 編集]

ホンダバイクの売り上げ順調
サーイパーンの七変化の見事さには、すごいとしか言いようがないです。
今でも、街中のホンダの店には、サーイパーンのモジャモジャ頭の映画デビュー時代の
看板が、あちこちにありますが、僕も、あれが、サーイパーンだとは、信じがたいです。
でも各トレーラーを見る限り、サーイパーン自身は、普段は、モジャモジャ頭なんじゃないかなと思うのです。
【2009/01/28 08:25】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


とおとさん
私もまだタイ語がわからなかったころは英語字幕のタイ映画をよく観てました。でもここ数年、タイで販売されるDVDはほとんど英語字幕がつかなくなりましたね。これもきっとタイ映画が世界的に認められてきたので、戦略的なんじゃないかと思ってます。
ちなみに『Body#19』はホラーとしてはそれほど怖くないかもしれないけど、私はちょっと苦手でした。痛いというかグロいというか・・・。

DVDの発売まだですか?さん
私は『プロイ』のサイパーン=アフロの印象が強すぎて、『フレンドシップ』などは最初本人だって気がつかなかったくらいです。いい女優さんに成長してほしいですね。
【2009/01/29 00:27】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/351-8449c8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。