. SIAMESE INDY ギャラリーVER
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリーVER
ご無沙汰しておりました。

ソンクラーン休みをとっておりました!

といいたいところですが、
なれない仕事に、友人から頼まれた翻訳と、なんか珍しく忙しかったようです・・・。

さてさて。
前々回に紹介した上映会、いよいよ明日ですね。

といわけで、今日は、その会場となっているGallery Verについて、ちょっとお話します。

VERは2006年に、チャオプラヤー川沿いに出来たばかりの新しいギャラリーです。
VERの何がすごいかというと、ここをはじめたのがあのリクリット・ティラバーニャさんであるということ。

リクリットさんといえば、たぶん世界で一番有名なタイアーティストなのでは?
日本では、タムくんやナヴィンさんのほうが名は知られてますが、
アメリカやヨーロッパじゃ、リクリットさんじゃないかな。

バンコクだけでなく、ニューヨーク、ベルリンを拠点に活躍するリクリットさんは、
ブエノスアイレス生まれのタイ人。お父さまが外交官で、世界の国々を点々として育った海外タイ人なのであります。「国際的に活躍する」とはまさに彼のためにあるような言葉!?

そんなリクリットさんが、タイ焼きそばである「パッタイ」をアートとして振舞って、ニューヨークで話題になったのは、1990年。その後も、この食をテーマにしたアートはさまざまな形で継続してて、昨年、東京現代美術館で、タイラーメンを振舞ったのは記憶のあたらしいところです。

他にも、ニューヨークの自分のアパートをアートスペースとして、観客にそこで過ごさせたり、とにかく視点がおもしろいです。

タイ現代アートが世界的に注目を浴びるきっかけをつくったのは、この方かもしれません。

そんなリクリットさんのはじめたギャラリーVERですので、
ここでの展示会は、かなり期待がもてます。

もはや世界のタイアーティストとして名を轟かせるリクリットさんは、
タイ現代アートのお兄さん(お父さん!?)的な存在で、
私が、最後に行ったときのM.I.T Group展も若手のアーティストをたくさん起用したものだったと記憶してます。彼の育てたあるいは彼を目標としている、面白い若手アーティストがこれからどんどんでてくるかもしれませんね。

タイ現代アートに関心のある人は是非一度訪れてみるといいと思います。
ただ、タイの美術展は、オープニング以降はかなりガラッとしてるので、さみしいかもしれません…。そのぶん、オープニングには、かなりのアート関係者が集まるので、ねらい目です(笑)。
チャオプラヤー川の近くで雰囲気もよく、対岸のシープラヤーには、美術品ばかりを売る店がたくさん入ったデパートがあり、夜にはたくさんのディナークルーズ船が出るという、なにげに観光スポットでもあります。

久しぶりにVERのホームページをチェックしたのですが、
先月末から、タンスカさんのThaiindieとのコラボで、フィルムライブラリーをつくったようです。
今回のタンスカ・パーヌ回顧上映もそれの一環のようですね。
ライブラリーは常設なのかな??

gallery ver thaindie
copyright: thaiindie, gallery ver

もしかしたら、タイの映像ビジュアルアートの中心地となるかもしれません。
M.I.T Group展でも、若手映像作家・アーティストの作品がたくさん流れていたのを覚えてます。タイ映画好きも要チェックのギャラリーですよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/38-a59c514c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。