. SIAMESE INDY Studio 9@Dining Theatre
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Studio 9@Dining Theatre
ギャラリー、そしてカフェにつづき、
今回は、タイ映画をレストランで!です。

こちらも不定期なのですが、
タイ映画財団パトラバディーシアターの共催にて
Studio 9@Dinning Theatreという名で、
タイ短編映画の上映会が行なわれてました。

Studio 9@Dinning Theatreは、
パトラバディーシアターと同じ敷地内にあるレストランでのイベントで、
週末に夕食に舌鼓を打ちながら、パフォーマンスアートも楽しめるといったものです。
短編映画上映はそのひとつ。
他にも、ダンスだったり音楽だったりいろいろあります。

場所は、チャオプラヤー川沿い、ワット・ラカンのすぐ近くです。
タマサート大学(タープラチャン)もしくはワットプラケオ(ターチャン)から渡し舟にのって、
対岸に到着したら、そこから歩いて3分程度。

ここのレストラン、雰囲気もよく観光、デート、ちょっとオシャレにお友達との集まりにも最適。私もけっこうお気に入りです!味もいけます。

パトラバディーシアターでは、舞台芸術はもちろんのこと、
ギャラリー、ワークショップ、アーティストレジデンス、
そしてレストランにこういった食事をしながら楽しめるアートと、
幅広く面白い企画を提案している劇場です。
(劇場自体については、長くなるのでまた別の機会にでも書きます。)

さて、現時点ではやってないようですが、
ここで週末にタイ短編映画を流すイベントが行なわれてました。

タイ映画財団が共催なので、タイ短編ビデオ映画祭での優秀作の上映が多いですが、
それ以外にも注目の映像作家を特集したり、テーマごとの上映があったりと、
結構おもしろい上映をおこなってました。

こちらで、スケジュールが確認できるので、
たまにチェックしてみるとよいと思います。
こればっかりは不定期なので、今度がいつなのかわかりませんが、
気長に待ちましょう。タイなので。

ちなみにこのディナーとアートのイベントに関しては、
お食事をすれば、基本は無料です。
私もカフェラテ1杯で短編映画みたりしたこともありました(笑)。

短編映画上映以外にもさまざまなアートが楽しめるので、
こちらでチェックをして、
週末にチャオプラヤー川を眺めながら、
美味しい料理に舌鼓をうちつつ、
気持ちいい風に吹かれつつ、
優雅にアートを楽しむのも、また一興。

ぜひ一度体験して欲しいです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/40-f9940223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。