. SIAMESE INDY 『サイアム・スクエア』もとい『ミウの歌~Love Of Siam~』に配給会社がつきました!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サイアム・スクエア』もとい『ミウの歌~Love Of Siam~』に配給会社がつきました!
今日から開幕の大阪アジアン映画祭2009でも上映される『サイアム・スクエア』が、『ミウの歌~Love Of Siam~』というタイトルで、アナコットさんによって日本で配給されることになりました。

Love_of_siam.jpg
copyright: Sahamongkol Film

ミウの歌~Love Of Siam~ 日本公式サイト

アナコットスタッフ日記: 発表!タイ映画「ミウの歌~Love Of Siam~」

ちなみにアナコットさんはアーティストのマネージメントやキャスティングなどを行なっているタイエンターテインメント会社さんだそうです。映画配給会社さんではないようなので、どう配給されるのか気になるところ。DVDも発売されるんですね。すごいっ。

『Love of Siam』に関してはたくさん書いてきました。

僕たちのサイアム その2 (ネタバレあり)
アジアフォーカス・福岡国際映画祭2008で『サイアム・スクエア』の上映が決定!
アジアフォーカス福岡国際映画祭 『サイアム・スクエア』のゲストは4名も!
『サイアム・スクエア』メンバーが帰ってくる!『4Romance』
バンコク国際映画祭2008の東南アジア・コンペにタイからは『サイアム・スクエア』
『サイアム・スクエア』@フィリピン&『アーカー・プー・ナーラック』@台湾の映画祭で上映
おめでとう!マリオがCinemanila国際映画祭でBest Actor Awardを受賞
タイ映画のクリスマスプレゼント『4Romance』
『サイアム・スクエア』台湾でDVDリリース!3枚組み英語字幕でディレクターズカット版!

私も大好きな作品なので、配給会社がつき、きっと東京でも上映されることになるのはとても嬉しいです!

個人的にちょっと微妙なのは・・・邦題『ミウの歌~Love Of Siam~』・・・。『サイアム・スクエア』もなんでわざわざ原題を変えたんだろうと思いましたが、『ミウの歌』まできちゃうと「えっ・・・」という感じで。ま、意図したいところはわからないでもないですが、ちょっと違うようなー。内容が内容だけに変な印象をもたれないようにマーケティング・宣伝してほしいですね。

いずれにしても日本の映画館で『Love of Siam』を観られるのは実に嬉しいです。

hanaさん、情報ありがとうございました!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

e-265好き、好き、好き!
今携帯はこの曲です。
【2009/03/13 00:08】 URL | richcnjp #- [ 編集]


richcnjpさん
大好きなんですね!
タイで公開されてもうだいぶ経ちますが、
いまだに根強い人気ですよね。私も好きです。
日本で観られるのは楽しみですね。
【2009/03/13 00:16】 URL | taka #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/13 13:14】 | # [ 編集]


ブログもあるそうです。
http://ameblo.jp/loveofsiam/

【2009/03/14 00:27】 URL | taka #- [ 編集]


新しい情報ですね!!ありがとうございます。是非見に行かねば!!DVDもGETしないと。日本語タイトルは変更して『ミウの歌~Love Of Siam~』になるんですか。Takaさんはいまいちですか?僕の第一印象は、「結構いいじゃん」と思いました。この映画、ミウの心の動きと彼が作る曲が上手くシンクロしてて、それが主軸にもなってるからGOODだと思いました。
【2009/03/15 22:05】 URL | dionaea55 #SFo5/nok [ 編集]


そうですね、「Love of Siam」だと漠然としているので、具体的にしたい気持ちはわかるのですが、この「Love of Siam」の中にはミウとトンの愛だけでなく、家族愛(父と娘の愛、母と息子の愛、孫とおばあちゃんの愛)、高校生の淡い恋、男女の友情、男同士の友情など、このひとつの言葉にいろんな意味が含まれてると思うんですよね。だから『サイアム・スクエア』や『ミウの歌』で限定しちゃうのはどうかなーというのが私の本心です。ただ、『Love of Siam』だけだとタイを知らない日本の観客がどんな映画か想像できないだろうというのも十分理解できるので、サブタイトルなりをつけるのは仕方ないかなーなんて思ってました。
【2009/03/15 23:17】 URL | taka #- [ 編集]

めでたしめでたし!
こんにちは、takaさん。 KTと申します。お久しぶりです。
ほぼ5ヶ月ぶりです。すみません突然にこんな時ばっかり(汗)
機会ある毎にブログは拝見させていただいてました。毎回毎回、多彩な情報ありがとうございます。
このたび「サイアム・スクエア」に正式に配給会社がついたというこで、本当によかったと思います。大阪アジアンでも上映され好評だったときいてますし、こういった良質な作品が配給されることで、たくさんの方に見ていただく機会が増えることはいいことですよね。
当面?、DVDの販売のみと聞いてますのでそれは少々残念ですが。
今思い出してみると、昨年アジアフォーカス福岡国際映画祭に行ったのですが、カフェトークでpchy君が会話のやり取りで最初ははにかみながらも、誠実にはきはきと答えていたのが印象に残っています。自分の考えをしっかりと持っていて笑顔が素敵な好青年でしたね。(思わず道を踏みはずしてしまいそうな・・笑)
日本の平井 堅が大好きだそうです。(と、記憶しております)もちろん、チューキアット監督
もスカンヤーウォンサターバットプロデューサーもフレンドリーで素敵な方でした。
そして最後に、遅くなりましたが、ブログ開設1周年ということで、本当に今までお疲れ様でした。おめでとうございます。
お仕事との両立が大変でしょうが、これからも出来られる範囲で多方面にわたる様々な情報よろしくお願いいたします。
【2009/03/20 13:43】 URL | KT #- [ 編集]


KTさん、ありがとうございます。これからもどうぞいらっしゃってくださいね。
『サイアム・スクエア』はぜひDVD販売をきっかけにまた監督やキャストが来日するといいですね。私も監督やpchy君に会ってみたいです。
【2009/03/22 01:23】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/401-7a00bfa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。