. SIAMESE INDY アジア映画ベストセレクションで『世紀の光』を観てきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア映画ベストセレクションで『世紀の光』を観てきました。
昨日、赤坂OAGホールで開催されていたアジア映画ベストセレクションにいってきました。

OAG.jpg

ここ、東京のゲーテ・インスティトゥートのあるところだったんですね。バンコクのゲーテにはいったことありますが、東京のは初めてでした。

さて、一番の目的はもちろんアピチャッポン監督の『世紀の光』。DVDももっているのですが、やはり日本語字幕で大きなスクリーンで観たいなと思ってはるばる赤坂までいってきました。客入りはかなりよかったです。ほぼ満席でしたね。

ただ映画が始まっていきなり不意打ちをくらいました。

え、日本語字幕がないじゃん・・・

と思っていたらでてきました。

どうやら字幕操作がうまくいってなかったらしく、最初の数分、日本語字幕だけずれてて・・・
うーん・・・高揚していた気持ちがちょっと萎えました。
ホールもいわゆる映画館のようなつくりではないので後ろのほうはかなり観にくくて、前に座った女性の方がお団子結び(ムーミンに出てくるミーのような)をしてて、スクリーン全然見えないジャンと席を移ったくらいでした。

でもやっぱり作品はいいです。すーっと入り込めました。
タイの田舎にいるかのような錯覚をおぼえて、なんで東京で忙しい毎日を送っているんだろうなんて気持ちになりました。最後のエアロビシーン、あれ、私が通っていたエアロビと振りが同じでした(場所によって難易度が高いところとかあるんです。私が行ってたのはたぶん初心者向け)。体が覚えてるんですねー。ああ、タイにかえりたい。

実は『世紀の光』のあとの『オーム・シャンティ・オーム』を観るのも今回の目的だったのですが、なんと13時半についたときにはすでにチケット完売。今回の上映会は前売券なしで当日券のみで、当日券の販売がその日の初回上映の20分前からその日の上映分すべての当日券が販売されるという仕組みでした。つまり夕方から始まる『オーム・シャンティ・オーム』のチケットを買うのに朝いちにいかなければならなかったわけで・・・なんか腑に落ちないです。私みたいに赤坂から遠くに住んでる人には結構大変ですので。

私は『世紀の光』を観られたからよかったけど、『オーム・シャンティ・オーム』だけを観に来た人は当日会場まで来てチケットなかったらかわいそう・・・。せめて半分くらい前売券を出してくれればいいのになー。ま、いろいろ検討したうえでこういうシステムになったのでしょうが。

というわけで、映画には満足でしたが、運営にはちょっと不満足でした。
予定より早く帰ることになったので、小春日和の赤坂散歩を堪能できたのでよかったのですが。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
アジア映画ベストセレクション
私のブログにコメントをいただき、どうもありがとうございました。takaさんというハンドルネームの方はいっぱいいらっしゃるので、別の方かと最初は勘違いしたのですが。
AW監督のフィルモグラフィーは、タイ映画祭くらいならなんとか押さえられますが、ギャラリーなどで上映されているビデオ・インスタレーションとなるとなかなか把握できませんね~。公式サイトにもそういったコンテンツはないみたいですし。
ところで、こちらのサイトを見て、AW監督のフィルモグラフィーの追記をしました。でも、こちらの記事を読んでも、リンク先の記事を読んでも、作品名なのか、プロジェクト名なのか、何かの団体の名前なのか、よくわからなかったりもしたのですが(苦笑)。
なお、インド映画は、私はギリギリで間に合いましたが、客席のまわりをぐるっと立ち見のお客さんが取り囲むという大入り満員でした! 三時間近い上映だったというのに。
【2009/03/16 20:52】 URL | umikarahajimaru #ngsolHIg [ 編集]


umikarahajimaruさんのはどこよりも詳しいアピチャッポンのフィルモグラフィーだと思いますよ。
彼は短編やビデオアートなどたくさん撮ってますからね。私も留学中に昔の短編をいくつか見せてもらったのですが、どの作品だったのかタイトルをはっきり覚えてません・・・(苦笑)
日本だと、広島や高知、あと渋谷のUplinkなんかでも上映されてて、意外とちょくちょく上映会があるんですよね。来月も広島で上映されます。
【2009/03/17 00:14】 URL | taka #- [ 編集]


管理人様、初めまして、今晩は。タイ映画「power kids」で検索かけていろいろ調べていたら、面白そうなかつ情報満載のこちらのサイトさんに出会えました。
今後も又お邪魔すると思うので宜しくお願いします。

本題ですが、「power kids」、日本公開ありですかね?日本人俳優?の方御出演という事で公開ありかなと期待してしまうんですが。なくてもDVDは3か月位で発売されますよね。
【2009/03/18 18:28】 URL | IH #- [ 編集]


IHさん
ようこそ。ぜひまた遊びにきてください。
『Power Kids』ですが、どうでしょうね。タイ映画の中で確かにアクションは一番注目されているとは思いますが、なにか大きな話題にでもなれば可能性はあるかもしれませんね。
【2009/03/20 00:53】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/410-3f44e3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。