. SIAMESE INDY おめでとう!『サイアム・スクエア』が大阪アジアン映画祭2009で観客賞受賞
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう!『サイアム・スクエア』が大阪アジアン映画祭2009で観客賞受賞
大阪アジアン映画祭のメルマガを読んでいる方はすでにご存知かと思いますが、
『サイアム・スクエア』が大阪アジアン映画祭2009で観客賞受賞したそうです!

おめでとうございます!

日本の配給会社もついたし(『サイアム・スクエア』もとい『ミウの歌~Love Of Siam~』に配給会社がつきました!)、日本の観客にもうけているようですね。日本で公開されるタイ映画で、いまの等身大のタイの若者を描いたものって少ないから、そういうのもよかったのでしょうね。

ちなみに日本の配給はどうやら今のところDVD販売だけらしいのです。
日本語字幕で観られるというのは素晴らしいですが、せっかくなら日本の劇場でみられたら感慨深いんだけどなあ。

ミウの歌~Love of Siam~ スタッフブログは、大阪アジアン映画祭にいらっしゃったマー君ことチューキアット・サックウィラクン監督の話もたくさんです。先日誕生日を迎えて28歳ってやっぱり若いよなー。これからも大活躍が期待される監督です。

こちらは日本版の公式ホームページ。
ミウの歌ーLOVE OF SIAMー 日本公式サイト

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
祝!観客賞受賞
こんばんはtakaさん、KTです。
サイアム・スクエア観客賞受賞!本当に良かったと思います。
大阪人あなどれまへんなあ!ちゃんと見てるところは見てるんですね(笑)
このように正当に評価してくださるということは、次に繋がっていきますね。願わくは、こういったものをきっかけに一般公開の道が開けてくると良いのですが、先にDVD発売が決まっていますのでやはりむずかしいのかなあ。
この映画テーマの一つとして多様性を認め合う社会をソフトに語っていると思うのですが・・・。
別の話として、音楽もすばらしいと思うので、ラジオでも流す機会が増えてくれば、浸透が進むとも思えるのですが、理想どおりに事が運ばないのが世の中ですかね。
しかし、今後タイ映画全体が少しずつでも日本で認知が深まってくればいいですね。
【2009/03/27 02:35】 URL | KT #- [ 編集]


そうですね。一般公開されればDVDの売れ行きもよくなると思いますし、ぜひ一度アナコットさん(配給会社さん)が検討してくれると嬉しいですね。そう、この作品の見所のひとつは音楽。映画作品としてだけでなく音楽とも連動してアピールしてほしいですね。
【2009/03/29 01:18】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/413-078e1e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。