. SIAMESE INDY 来月、『バンコック・デンジャラス』がいよいよ日本でも公開されます!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来月、『バンコック・デンジャラス』がいよいよ日本でも公開されます!
かなり前に、「『レイン』のリメイク版ももうすぐか!?」や「ハリウッド版『Bangkok Dangerous』来週いよいよ公開!」で書いたニコラス・ケージが主演で全米初登場1位となった、タイ映画『レイン』のハリウッドリメイク版『バンコック・デンジャラス』が日本で公開されます。

ゴールデンウィーク明けの5月9日から、全国の映画館で公開です。ハリウッド映画として純粋に楽しむのもあり、オリジナルのタイ映画『レイン』と見比べるのもありですね。ちなみに監督はどちらもパン兄弟。つまりセルフリメイクというわけですね。

日本語の公式サイトもオープンしてます。

『バンコック・デンジャラス』オフィシャルサイト

バンコクとバンコック・・・個人的にはバンコクのほうがしっくりくるのですが、これって世代的なもんなんでしょうかね?

トレーラーもあります。ちなみにこの作品、私はまだ観てないんで確かではないのですが、トレーラーの中で"He is a very good man same like you"を 「次期大統領候補なんだ」って訳してるみたいですが、これってもしタイの話ならよろしくないのでは・・・大統領って・・・。首相のことなのかしらん?うーん気になる~。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ニコラス ケージ
ニコラス ケージ
僕は、なかなか役者の名前は覚えられないのですが、この人の名前は、覚えています。
なぜかというと、タイで上映する洋画の中では、この人の主演映画が、かなり多いからです。
最近2年くらいのニコラス ケージの映画作品の中では、この『バンコック・デンジャラス』
が一番面白かったです。

昨日まで、ニコラス ケージ主演映画のhttp://www.daco.co.th/item/5541を上映していました。これは、まあまあの出来でした。

お城を売ってしまったというニュースも最近のニュースです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000165-scn-ent

【2009/04/16 10:04】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


ニコラスはハリウッドでは次々とヒット作を生んでますよね。特にイケメンというわけではなく、かといって演技派俳優のような出演作品の選び方をしているようでもなさそうだし、けっこう面白いスタンスだと思います。あの渋さがいいのかな。
【2009/04/17 00:32】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/434-1303f3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。