. SIAMESE INDY アジア映画の大衆的想像力
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア映画の大衆的想像力
さらに本の紹介。

ここまで来ると、けっこうアカデミックかつマニアックなのですが、
これまた四方田先生の、「アジア映画の大衆的想像力」です。

asia eiga no taishuteki sozoryoku
copyright:青土社

さすが四方田先生、とても読みやすく、結構アカデミックなんだけど、決してとっつきにくいわけではない仕上がりです。むしろ知的好奇心をくすぐられ、アジア映画好きなら、読破後、満足な気持ちになること間違いなし。

ただ、先生が扱う作品。はっきりいって日本のいち映画ファンが見られる範囲を超えてると思います。
内容を説明しているので、その作品を見てなくても読みすすめていけますが、やっぱり見たくなる・・・(ま、仕方ないんだけど)。

タイトルの「大衆的想像力」が示すように、この本で語られるのは、それぞれの国の大衆に共有される叙事詩的な作品。日本の『忠臣蔵』や『四谷怪談』、中国の『梁山伯と祝英台』、韓国の『春香伝』、そしてタイは『メナーク・プラカノン』。

「メナーク・プラカノン」はニューウェーブのノンスィー監督の『ナンナーク』(これは日本のレンタルビデオでも借りられます)や、ピンパカ監督の『メナーク』といった作品に触れ、話は進みます。
ピンパカ監督の『メナーク』は日本のイメージフォーラムで賞をとってますが、たぶん日本で見られる機会はないのでは・・。

エピックフィルムのみならず、タイならアピチャッポン監督、他にもフィリピンやカンボジアの映画にも触れており、実に知的なアジア映画の旅を楽しめます。

タイの章だけで読むことも可能。
アジア映画の流れの中のタイ映画という観点から読めば、あなたもかなりのタイ映画通になれることでしょう。

ちなみに、本の表紙はタイの「メナーク・プラカノン」です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/45-89b6fc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。