. SIAMESE INDY タイを知るための60章
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイを知るための60章
お薦めのタイ映画関連本の紹介ついでに、これもっ!

タイを知るための60章
area studies
copyright:明石書店

いや、ここまで来るともうタイ映画とはほとんど関係ない!といわれそうですが・・・(苦笑)

でもこの本の最終章である60章目はタイ映画の章。
数ページだけれど、コンパクトに現代タイ映画の流れがまとめられてて、わかりやすいです。
インディペンデント映画についても触れられてて、よい感じ。

なぜ、この本をお薦めするかというと、
やはりタイ映画を観るのに、タイのことを知っていると、ひと味もふた味も違った味を楽しめると思うから。

もちろん、タイっぽさを全く匂わせない映画もありますが、
歴史にしても、宗教にしても、地方の状況にしても、都市の若者文化にしても、
背景を知ってると、映画も見ごたえありますね。

この本は、タイ入門ではなく、タイ研究入門です。

今度、初めてタイに旅行に行くから、どんな国か知りたいなーっていう人が手に取ると、
途中で疲れてしまうかもしれません。
(でも、トピックによってはじっくり読めると思う。)

この1冊で、タイの歴史から、政治、経済、社会、文化までひととおりの知識を得ることができます。
私もタイに行く前にこの本を読んで、予習していきました(笑)。

著者の面々は、基本的に学者の方々で、それぞれ専門のことを書かれているので、
「広く浅く」ではなく、「広く、でもそこそこ深く」なってます。
これ1冊読めば、かなりタイについて詳しくなれると思いますよ。

タイ映画を観る眼もちょっと変わるかも!?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/46-d5d06eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。