. SIAMESE INDY イメージフォーラムフェスティバルへいってきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージフォーラムフェスティバルへいってきました。
これまたゴールデンウィークのときのお話でいまさらなのですが(苦笑)、
イメージフォーラムフェスティバルでアピチャポン監督の短編2作品を観てきました。

『ブンミおじさんへの手紙』(アピチャポン・ウィラーセタクン/ビデオ/18分/2009/タイ・ドイツ・イギリス)
『ナブアの亡霊』(アピチャポン・ウィラーセタクン/ビデオ/11分/2009/タイ・ドイツ・イギリス)

「20世紀は終わらない4」というプログラムの中で、他国の短編作品と共に上映されてました。失われた歴史の再構築といったテーマの作品群のようで、正直、タイ以外の作品はあまりピンとこなかったです。というのもやはりその歴史を知っててこそ解釈ができると思うので・・・たぶんタイのことをあまり詳しくない人がアピチャッポン監督の作品をみてもピンとこないだろうな。ある程度知ってても、難しいですし・・・(苦笑)

『ブンミおじさんへの手紙』はタイトルどおりおじさんへあてた手紙を読む感じで、ナブア村の自然や家が映し出されてどことなく懐かしい、落ち着いた雰囲気が会場をつつみます。その一方でなんとなく寂しさも漂うのは、共産党弾圧によってゴーストタウン化した過去をあらかじめ知ってしまったからかも。

一方で『ナブアの亡霊』はダイアログもなく、ピカピカっと雷の小さい版みたいのが落ちまくると思ったら、若者たちが火の球でサッカーをし始めて最後はその雷が映されているスクリーンを焼き尽くす・・・みたいな。その光も火のも美しさはあるんだけれど、一方で火の球はそれこそ日本でも怪談ではおなじみの火の玉のように見えたり、それでサッカーを楽しみ燃えていくスクリーンを眺めている若者になんとなく残虐さのようなものを感じたりしました。個人的な印象ですが。

実際に監督の言葉は以前も紹介したAnimate Projectのホームページで読むことが出来ます(英語)。
詳細→Animate Projectsでアピチャッポン監督の新作が公開中です!

Animate Project: A Letter To Uncle Boonmee

Animate Project: Phantoms of Nabua(こちらで作品もみることができます)

『ナブアの亡霊』なんかは自分の作品をみた感想とはちょっと違うけど、監督の言葉を読むとなるほどなーというところもあるかも。確かに日本でも蛍光灯に家庭を感じるかもしれませんな。

イメージフォーラムフェスティバルは東京での開催は終了してますが、今後京都、福岡と巡回するので気になる方は是非どうぞ。

詳細はこちら→イメージフォーラムフェスティバル

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/462-77af7328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。