. SIAMESE INDY 今日からバンコクへいってきます。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日からバンコクへいってきます。
しばらくブログエントリーを書いてませんでしたが、ここのところ仕事がとにかく忙しくて・・・
というのも海外出張を控えてて、その準備と、出張間の他の通常の仕事に問題ないようにいろいろあらかじめやっておかなければいけなくて、ここ数週間は本当に大変でした(今もだけど 笑)。

とういうわけで今日、バンコクへ行ってきます。初出張がバンコクでよかった。ほぼ一年ぶりくらいです。

本当は映画をみたり、DVDを買いに行ったりしたいけど、たぶんそんなのも難しいんじゃないかなというくらいタイトスケジュールです。でもどうにか時間をみつけようとは思います(笑)。バンコクは夜でも買い物できますしね。ひとり旅だし。

タイには3日しかおらず、その後も点々と移動してます。全5カ国です。はじめていくところもあるのでちょっとドキドキ。というわけで2週間くらいはまたブログがかけないかもしれませんが、気長にお待ちくださいね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
羨ましい……
こんばんは。
いいですねえ、仕事とはいえ。
関係ないですが、また私のブログでタイ映画からみの記事をアップしましたので、よかったらご覧ください。
ジージャーについて調べていて知ったのですが、スター・エンタテインメント・アワードって映画雑誌が出している映画賞ってことでいいんですよね?
【2009/06/01 20:08】 URL | umikarahajimaru #ngsolHIg [ 編集]

仏様の御加護
TAKAさん
やっと、バンコクいけたんですね。本当に良かった!
やっぱりタイに来て初めてTAKAさんも蘇るというものです。

今、上映中の映画は ツナミ2022です。
暇があったら、観に行ってください。バンコクなら夜中1時ころまでは
映画館に入館できるんじゃないですか?

この映画、日本の2006年の作品の日本沈没に似ているかな?

日本沈没との一番大きな相違点。
日本の石坂浩二が演ずる総理大臣は、移動中、あえなく命を落としてしまう。
しかし、ツナミ2022年の中のタイの首相は、自分の命をなげうってまでもバンコクをおそった津波に巻き込まれそうになったバスの中の子供たちを救い出す。
タイの首相は、この点、日本の総理大臣とは大きく違うわけです。

そして、子供たちを全員救助した後、ツナミに巻き込まれ命尽きたかと思われたタイの首相に、奇跡が起きたのです。
という、お話は映画を観てのお楽しみにしてください。

http://www.enjoythaimovies.com/index.php/2009/2022-tsunami

この作品、なんと言っても、元首相のタクシンさんに観て貰いたいです。
首相とは、こうあるべきなのです。
【2009/06/02 12:30】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


umikarahajimaruさん
確かに仕事とはいえ、自由な時間も多少はあるのでラッキーなのかも!?!?(でも忙しかったですが・・・)

DVDの発売まだですか?さん
残念ながらバンコクではものすごく忙しくて映画を観に行くどころか、DVDを買う時間もなかったんです・・・。でもバンコクにはまたすぐに戻ってこられるような気がします。特にかっこたる理由はないのですが、なんとなく(笑)。
【2009/06/17 00:53】 URL | taka #- [ 編集]

バンコク駐在員希望!
バンコクの駐在員さんをすることができないのですか?
というか、就職して、数年たつのだから、そろそろバンコク駐在員の話もあって、いいんじゃないのですか?
タイの最新作の映画の話が、最近は皆無なので、
早いところバンコク駐在員に、なってください。

『ルームメイト』
http://www.enjoythaimovies.com/index.php/2009/roommate

『アヌバーン・デック・コーン』
http://www.enjoythaimovies.com/index.php/2009/anuban-dek-khong

の2本を観ましたが、今いちでした。

タイ映画も同じことだと思うのですが、やはり、国民の皆さんが連休のときが一番良い作品を上映するんだと思います。

僕の知り合いは、バンコク駐在員10年以上しましたが、タクシン政権が終わって、数年後、ビザの問題で、タイで勤務できなくなり、今は香港勤務です。
駐在員さんもタイ10年以上勤務は、ビザがおりなくなり難しいみたいですね。
まあ、そしたら、彼のように香港勤務して香港映画を観ればいいですよ。彼の話だと
シンセンも近いし、毎月セブ島にも遊びにいくみたいだし、遊びづくしで、香港勤務はご機嫌みたいです。

タイ映画以外にも上映がありましたが、
僕は、これらの中では、『Drag me to hell』が、一番面白かったと思います。
『カールじいさんの空飛ぶ家』も、さすがにデイズニー映画は、ブランド物だから、遜色ないですよね。



【2009/06/17 12:04】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]

続き
タイ映画以外にも上映がありましたが、
僕は、これらの中では、『Drag me to hell』が、一番面白かったと思います。
『カールじいさんの空飛ぶ家』も、さすがにデイズニー映画は、ブランド物だから、遜色ないですよね。



『Drag me to hell』
http://www.daco.co.th/item/6448

『カールじいさんの空飛ぶ家』
http://www.daco.co.th/item/6651

『ラスト・ブラッド』
http://www.daco.co.th/item/6650

『ターミネーター4』
http://www.daco.co.th/item/6444
【2009/06/17 12:05】 URL | DVDの発売まだですか? #- [ 編集]


私も駐在員希望です!が、今の会社はタイ法人をもってないんですよ。
それにまだ働き始めて1年も経ってないですし、まだしばらくは修行です・・・
【2009/06/19 01:03】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/470-403e00d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。