. SIAMESE INDY 東京でフィリピン料理を食べてきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京でフィリピン料理を食べてきました。
最近、仕事でちょっとフィリピンに関して調べていたこともあり、
その勢いでフィリピン料理食べたい!
と、友人を誘ってフィリピン料理のレストランへいってきました。

フィリピン料理といっても皆さんあまりピンとこないかもしれませんね。
タイ料理やベトナム料理のようにメジャーじゃないのでレストランが少ないんです。

ネットで調べても、果たしてレストランなのかそれともいわゆるフィリピンパブなのかわからないところばかりで・・・

食べに行ったのは、六本木にある「カイナン」さんというお店。
アジアンダイニングという名前柄、タイ料理やベトナム料理も出しているのですが、
もともとフィリピン料理だけではやっていけないから他のも出しているそうです。
店員さんもフィリピンの方のようでした。

我々がいただいたのは・・・

・アドボ
酸味のある肉の煮込み。豚の角煮を少し酸っぱくして、そこに黒胡椒でアクセントをつけた感じでしょうか。

・シニガン・スープ
タマリンドスープです。酸っぱくてさっぱりしてて、食欲をそそります。具沢山ですが、グリーン唐辛子が入っているのでかまないように気をつけてください(私は噛みました・・・)。でもスープ自体は辛くありません。

・もち米のパエリア
スペイン時代の名残なのでしょうか。でもスペインのパエリアと比べるとかなりおこちゃまな感じで、
アメリカンライス(ケチャップご飯)にちょっとソーセージが入っているだけでちょっと安っぽい味のような気がしました・・・

・チョコレート粥
そのままです。チョコレートとお粥というびっくりな組み合わせだけどこれが意外といけます。おしるこみたいなノリです。いっしょに魚の乾物がついてきて、甘かったらそれでクチをしょっぱくして、と面白いです。

・グリーンマンゴーシェイク
タイにもグリーンマンゴーはあるけど、それを飲み物にすることはなく。フィリピンでは結構普通にみかけます。酸っぱくてあっさりしてて香りもよくて、私は大好きです。

・カラマンシージュース
フィリピンのレモンジュース。さっぱりしててゴクゴクいけます。

・ハロハロ
今年で15周年を迎えるミニストップのハロハロのオリジナルである、アイスやフルーツやら混ぜて食べるカキ氷。量がかなりあります。

などといったところを試しました。どれも辛いものはなく、日本人の口にはあうと思います。
印象としては酸味のあるものが多いかな。

ちなみにタイ料理にもありますが、BALOTというあひるのふ化前のゆで玉子も扱っていました。勇気のある方はどうぞ!

あまりにお腹がすいていたのか写真を撮るのをすっかり忘れていたので、気になる方はレストランのホームページをご覧ください。

アジアンダイニング KAINAN

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/481-f8190f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。