. SIAMESE INDY キネマ旬報×タイムービー
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キネマ旬報×タイムービー
ここ数回、タイ映画本を紹介してきたので、
最後にこれも追加しておきましょう。

キネマ旬報といえば、日本を代表する映画雑誌。
そんなキネマ旬報もタイ映画の特集を組んだことがあります。

2005年10月下旬号です(小泉今日子さんが表紙)。

ページとしては、たしか最後の15~20ページほど。
主に、出版当時に公開されたあるいは
公開が控えている作品の紹介が多く、
インタビュー記事なども含まれてます。

日本で観られる作品を扱ったものなので、
マニア的なタイ映画好きには物足りないかもしれないですが、
なんといっても、あのキネマ旬報ですからねー、
かなりの快挙だと思います。

あれから、もう2年半。
タイ映画は日本でコンスタントに上映されてますが、
まだまだファン以外の視野にはあまり入ってない気もします。

だいたい私がタイでタイ映画について勉強してたというと、
たいてい、「ふ~ん・・・」って感じでみられますから(苦笑)。

これからもっと、タイ映画が日の目を浴びるのを願うばかり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/49-a3018d7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。