. SIAMESE INDY タイ式カルチャーの魅力
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ式カルチャーの魅力
今日はちょっと用事があって、赤坂の国際交流基金へいってきました。

そこでもらったチラシにタイ情報発見♪

アジアの現在を旅するトーク ~タイ式カルチャーの魅力~

日時:2008年3月29日 土曜日 14:00~16:00
会場:ジャパンファウンデーション本部 JFICコモンズ
会員:入場無料 非会員:200円(当日入会可)

バンコク文化センターに駐在されていた国際交流基金職員、吉岡さんと森さんによるトークです。

吉岡さんとはバンコクにて何度かお会いしたことがあるのですが、
とても知的で、タイの映画やアート、文化に精通した方です。
東南アジア文学賞受賞作家プラープダー・ユンの『地球で最後のふたり』、『座右の日本』の翻訳でも有名です。てか、会社員しながら、翻訳だなんて、いつ寝てるのさ。

タイのアーティストのご友人も多いようで、羨ましいなー。

ちなみに映画『地球で最後のふたり』で浅野忠信さんが演じた主人公ケンジのモデルも、吉岡さんだといわれてます。

でもあくまでケンジの設定だけで、性格は似てないと思いますよ。
映画観た人はわかると思いますが。

森さんとはお会いしたことないですが、吉岡さんとほぼ同時期にバンコクで働いていらっしゃったようなので、やはりタイ式カルチャーをダイレクトに吸収された方だと思います。

90年代後半から2000年代前半あたりからバンコクカルチャー、熱くなってますからね。

国際交流基金社員だからこそのネタも聞けるかな?
かなり面白い話になりそうです。

JFサポーターズメンバーじゃないけど、聞きに行ってみようかなと思ってます。
申し込み方法など詳細は、リンク先をチェックしてください。

アジアの現在を旅するトーク ~タイ式カルチャーの魅力~
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/5-dc95df92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。