. SIAMESE INDY 世紀の光
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の光
syndrome.jpg
copyright: kickthemachine

ようやくですが、
みることができました!

って、バンコクへ行ってきたわけではありません。

タイでは散々、検閲問題で延ばし延ばし、
1年がかりで公開となったわけですが、
製作自体は2006年の作品。
タイ国外では普通に上映されているわけですし、
実は、DVDがもう販売されているのですね。
(アメリカリリースなので、英語字幕付)

というわけで、数週間前にゲットをしたのですが、
ようやくゆっくりとみることができました。

観たのは、ちょうどバンコクで歴史的な上映がされてた頃でしょう。
気分はパラレル上映です。

こちらは、もちろんセンサーなしバージョン。
堪能いたしました。

実は、この『世紀の光』に関してなのですが、
ちょっとだけ自慢があります(笑)。

たぶん、私、この作品をみた第一号の日本人だと思うのです。

というのも、ちょうど2006年の秋、
私はタイ短編ビデオ映画祭という、インディペンデント系の映画祭に
毎日、朝から夜まで通っていたわけなのですが、
そのときに、一日の上映が終わったあと、
映画祭メンバーといっしょにいたら、
これからアピチャッポンの上映があるときき、
なんと関係者プレミアに連れて行ってもらったのです。

そこは、バンコクのとあるショッピングセンターのシネマコンプレックスでした。
もちろん、深夜だったのでショッピングセンターは閉店してて、
ドキドキ、ワクワクしながら
裏口から入っていったのを覚えています。

数日後にベネチアでワールドプレミアのはずだったので、
本当に貴重なところにお邪魔させてもらったのだと思います。
もちろん、監督もいらっしゃってましたし。

ま、監督は顔が広いのでそこに他の日本人の方がいた可能性は高いと思いますが。

でも、そのときは残念ながら字幕はなかったし、
前日の睡眠が3時間&丸一日映画祭で目がつかれていたのもあって
かなりの睡魔に襲われて、結局、作品に関しては漠然としか覚えてませんでした(恥)。
そこも、アピチャッポン監督作品の魅力の一つだと思うのですが(笑)。

その後、『世紀の光』はタイ以外の各国で次々と上映され、
日本でももちろん上映されたわけなのですが、
そのとき、私はまだタイ留学中だったので、
ずーっと観られなかったわけです。

そして約1年半後の我が家にやってきた『世紀の光』。

前作と同様な2部構成です。

田舎と都市に繰り返される会話。
そしてリアルな日常。

いやー、やっぱアピチャッポンですね。
この感覚が大好きです。

なんかあまりにリアルで、ちょっとドキドキしてしまいました。
確かに保守的な仏教擁護者や、医師の権威を保ちたい人は、
いやな顔をするかもしれませんが、そこにフタをしようとしても
しようがないと思うのです。
よくみる景色に、よくみる症状ですし。

都会の病院ってあんなに白で、
無機質だったけかなどと考えながら観てましたが、

世界中の新しい空港が
どこも似たような感じになってるのと同じように、

実は、都会の新しい大病院って
どこへいっても、あんな感じなのかもしれません。

で、どこへいっても人間は人間なわけだけど。

タイにいけないあなた、
自宅でアピチャッポン体験も悪くはないですよ。


これを書いている時点では、まだ日本のアマゾンで販売してないようです。
私はアメリカのアマゾン(amazon.com)から購入しました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

そうか~!!
さて『世紀』何時DVD買おうかしら?
私は昨年検閲問題の沸騰中に、
二カ国(香港とシンガポール)で見て、
山形で初めて日本語字幕つきと言う
特異パターンで見たので、自分的に、もちょっと消化してからと思っています。
諸所の事情で多分すんなりとは、一般公開もされないだろうし・・っていうか、
エースジャパンこれも買って(ライブラリして)欲しい!!
それが双方(監督、日本の観客)にとってベストと思うので。
Bliss、色々バージョンがあるのはタイ国内は仕方ないとして、アメリカ版は
120分ちょい過ぎてるせい?有りうる事です。
ちなみに、原版バージョンも・・紆余曲折だったらしいです。
この話はまたどこぞで、ふふ。
しかし「あぴうぃら」!とは・・はは、
私はJoeで知り合って、フルネームで発音練習。
ん?でもアピチャッポンはどう考えても日本式読み下しよね~
脇から固執してるヒトもいるようだけど。
めんどーなのでアルファベットで通してます!
【2008/05/08 01:07】 URL | みゃう #sPdF4EhI [ 編集]


是非、ライブラリして欲しいですねー。
「アピチャッポン」にしても「アピチャートポン」にしても、響きが印象強くて結構好きです。
Blissfullyはシネマートでも上映されますね。
【2008/05/08 23:36】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/51-eea04336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。