. SIAMESE INDY 『怪奇映画天国アジア』 読みました
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『怪奇映画天国アジア』 読みました
なぜ前回のエントリーで、『4bia』を観たのを思い出したのかというと、実はちょうどこちらを読み終えたからなのでした(笑)。

四方田犬彦先生の『怪奇映画天国アジア』です。

kaikieiga asia

アジアといっても主に扱っているのは東南アジア。特にタイとインドネシアの怪奇映画にかなりのページがあてられています。タイなら『ナンナーク』のメー・ナーク・プラカノン、インドネシアのポチョンやジェランクン、マレーシアのポンティアナックにカンボジアのケン・コンとどれも国民的幽霊のオンパレードです。

ちょうど私が留学をしていたころに調査、研究でタイにもいらっしゃってたとうかがってます。それがこうして本として読めるのは嬉しいですね。怪奇映画好きから、東南アジア映画に興味のある人、はたまた映画研究者まで幅広く読めます。秋の夜長にいかがでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
表紙
この本って、ほんとに表紙がまるごと「悪霊の家」そのものなんですか??
うわ~、インパクトあるなぁ・・・。
Takaさんは、この映画ご覧になったことありますか??これもなかなか良くできた良ホラーです。私のなかではトップ5ホラーに入るかも。

最近は、やたら切ったり貼ったりの多かったタイホラーも、少しずつサイコ的な演出を取り入れつつあるような気がします。時代の流れなんですかね?!私もぜひ読んでみたいと思います。
【2009/09/26 16:46】 URL | hana #- [ 編集]


『バーン・ピー・シン』はちょうどバンコクに住んでいた頃映画館で見ましたよ。
平日のガラガラの冷房で冷え切った映画館の中で震えながらみた、そんな記憶があります(笑)。結構怖いですよね。最近のタイ・ホラーはかなりよくできた作品が多いと思います。
【2009/10/29 01:44】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/525-67df8921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。