. SIAMESE INDY プールとあわせていかが?D-Mark Magazine 第21号読みました
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールとあわせていかが?D-Mark Magazine 第21号読みました
dmark0909.jpg

今月号のディーマークマガジンの特集は一つ前の記事でご紹介したチェンマイ舞台の映画『プール』の監督である大森美香さんのインタビュー記事です。

ぜひ、『プール』を観た帰りにタイ料理屋によってディーマークマガジンをみつけたら読んでいただきたい記事ですね。なんでチェンマイなのか、そのあたりがちょっと見えてくる気がします。


この先ちょっと映画のネタバレありなので注意。


実は作品の中でちょっと気になったのが、母である京子が娘さよがまだ学生であるのに自分の母(つまりさよのおばあちゃん)に預けてタイに来てしまったことなんです。そういうことってあるのかなあなんて疑問に思っていたのですが、これはタイに限らず自分の居場所をみつけてしまうとそういうこともあるんですかね。

多くの場合、家族がいる場所が自分の居場所なんだろうけど、もしかして世界のどこか別の場所に自分の居場所があるのかもなあなんて思わせてくれるそんな作品です。

ちなみに監督、若くてきれいな方です(写真付ですよ)。


大森監督のインタビュー記事ともうひとつの特集記事はなんとTCEBさん。同業であるMICE業界がとりあげられるなんて、なんだかちょっと不思議な気持ちです(笑)。いやいや、ぜひ活性化してほしいんですけどね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
自分の居場所
そうですね・・・私も家族と一緒にいても「ここは自分の居場所じゃないな」と日々罪悪感に生きていますので・・・もう10年も(笑)家族が知ったら泣きますね絶対。
なのですが逆に映画という公共のメディアでそういうスタイルを「よし!」とされてしまうのもなんか違和感というか。うまく言えないんですけど、私は(私も本当は子供が高校生くらいになったらもう日本での家庭はもういいか、と思ったりもしていますが)ちゃんとこっちにいる間の「子育て」という責任は果たさなあかんな~、それが正しいに決まっとる!となんか不快な気持ちになったり。
なので「プール」を観た帰り道、なんとなく「そりゃーああいう生活できりゃー幸せさ!!」と苦いビールを飲んで家路に着きました。。。映画自体、悪くなかったけど、だれもがああいう生活できるわけじゃないよな~・・・と。まぁ単なる僻みです(笑)。
【2009/09/24 22:04】 URL | hana #- [ 編集]


ああいう生活ができれば幸せさーと思わせるところが、やはりフィクションであり映画であるんでしょうね。hanaさんと同じような感想をもたれた方の意見もネットで拝見しましたし、やはり実際にお子さんを持つ方からみると、疑問に持たれるところも多いのだと思います。
私はまだ独身であるものの、やはり突然タイに飛んではいけないよなーなどと思ってます・・・
【2009/09/26 14:10】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/526-fc7d503d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。