. SIAMESE INDY ノート=ウドムさんもエアホステスも!今月号のD-Mark Magazine
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノート=ウドムさんもエアホステスも!今月号のD-Mark Magazine
今月号のD-Mark Magazine届きましたよ。

d-mark23.jpg

今回特集されている、ノート=ウドムさんの『ディアオ・マイクロフォン』日本公演も、『エアホステス~天使のラブウォーズ~』のお披露目も行ってきましたよー。



タイの超人気コメディアンノート=ウドムさんのスタンダップコメディ『ディアオ・マイクロフォン』は、いったどう公演されるのだろう(日本語で?それとも字幕?)と思っていきましたが、なるほど、公演はタイ人向けのもの(字幕も通訳もなし)でした。こんなに若いタイ人が日本にいたの?と思ってしまうくらい、中野の会場にはタイ人が溢れ日本じゃないみたい。中には福井や名古屋から来た人もいたそうです。9割5分以上はタイ人でしたね。

IMG_0177_010.jpg

ノート=ウドムさんがでてきた瞬間に会場の雰囲気が変わってしまうくらいのカリスマ性を感じました。日本のトイレ、すし屋、ショップなど日本にいるタイ人が共感できる日本のペキュリアリティをネタに大ウケ。でも一番盛り上がってたのはタイランド・オンリーでしょうか。「やっぱりタイってさー」という海外に住むタイ人に向けたネタは海外公演ぽくていいですね。

IMG_0179_010.jpg
ステージの背面はウドムさんの絵がたくさん!閉幕後に観客もあがれて記念撮影できました。

最後に政治ネタを絡めた歌を披露されてましたがそこまでいくと、もうずっとタイ語を聞き続けていた頭もつかれててほとんどわからなかったです・・・(苦笑)。うわさどおり盛りだくさんのネタを本当たっぷりの時間、話し続けて本当にパワフルでした。

閉幕後はウドムさんがでてらっしゃって観客との写真に応えてましたが(さすがタイのタレントさんはこのあたりのサービス精神が違いますね)、こんなにたくさんの人が集まってましたよ。写真左上の帽子をかぶっているのがノート=ウドムさんです。
IMG_0178_010.jpg



つづきまして、『エアホステス~天使のラブウォーズ~』のDVD発売イベント。残念ながらこちらはプレスのみ写真撮影OKなため、写真はございませんが・・・。内容は特別試写会と舞台挨拶。主演のビー・ナムティップ(ナムティップ・ジョンラチャタウィブーン)はドラマどおりのフライトアテンダントの格好ででていらっしゃって、その瞬間、会場からため息が・・・足が長いです!!!!!
倉田真由美さんご夫妻、元フライトアテンダントの司会島田律子さんとのかけ合いも面白かったですね。

このドラマ、実はブログ内で一度紹介したことがあるんですが、(こちら→ソンクラーム・ナンファー)、まさか本当にDVD化されるとはー!うれしいですね。レンタルでも借りられるようなので、ぜひ多くの方に見てもらい、まずはタイのドラマを知ってほしいですね。

この激しさ、ある意味クセになるかもしれませんよ(笑)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
タイではディアオ8があるみたいですね
ディアオ~の公演のとき、takaさんは会場のどのあたりにいらっしゃいましたか?
僕も行ってたので、どこかですれ違ってたかもしれませんね。
何人か(ごくわずかでしたけど)日本の方ともすれ違ったりしたので。
僕も歌にのせた政治ネタのあたりから、ついていけなーいって状態でした。
雰囲気だけで楽しんでた感じですね。最後の方は 笑
また見に行ってみたいなー。
【2009/11/18 00:15】 URL | Hiro #ZA9zVw0U [ 編集]


私はしもて側の出入り口付近にいましたよ。
会場はすっかりタイ色に染まってましたね。雰囲気だけでも十分に楽しめました。
今度はタイで新作が開催されるようで、タイでも観て見タイですね。
【2009/11/23 19:58】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/530-5f94133e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。