. SIAMESE INDY これ、ヤバイです・・・タレンタイム(Talentime)観てきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、ヤバイです・・・タレンタイム(Talentime)観てきました。
久しぶりに映画を観ながらボロボロ泣いてしまいました・・・

いやーやられた。

先日お知らせしたヤスミン・アハマド監督特集にいってきました。

athene france
athene france2
アテネフランセです。御茶ノ水駅からちょっと歩くけど、いつもいい映画特集やってますよね。


プログラム最後のヤスミン・アハマド監督の遺作となってしまった『タレンタイム(Talentime)』観てきました。

DVDもまだ現地マレーシアでしか発売されていないそうですし、日本での上映も昨年の東京国際映画祭や福岡アジアフォーカスで上映されたくらいですので、今後、この作品をご覧になるかたも大勢いらっしゃると思います(そうであってほしいです)。ですのであえて、ネタバレはしません。そうでないとこの作品を観るときの楽しみがなくなっちゃいますしね。

でも、この作品は本当に素晴らしかったです。設定とかちょっとずるいよなと思いながら、もうドツボ。周りに人がいなかったら号泣だったかもしれません。
マレーシアという国ならでは、多民族、多宗教ならではのお話ですが決して私たちに理解できない話ではなく、たぶん多くの方がこの作品の誰かに自分の気持ちをあててご覧になるのではないかなと思います。彼女の作品は多民族・多宗教な内容を扱ったがゆえ、マレーシア国内ではいろいろ批判をされたり上映にこぎつけなかったものもあったそうで、作風は違いますが、タイのアピチャッポンとか思い出しました。もう1年が経ちますが、本当に惜しい監督を亡くしてしまったんですね。


『タレンタイム』上映の後は、アジア映画好きならおなじみの石坂健二さん(東京国際映画祭・アジアの風プログラム・ディレクターでもいらっしゃいます)と松江哲明監督(『童貞。をプロデュース』、『あんにょん由美香』)の対談もきいてきました。こちらも面白かったです。でもタレンタイムの後は確かにやりづらいだろうなー

内容は、
1.どうしてヤスミンと松江監督か。
これは意外な共通点ということでチラシとギターと二胡ということで、果たしてあの場にいらっしゃらなかった方には何のこっちゃかもしれませんが、でも一番は形こそは違えど、セルフドキュメンタリー的な作品であるということ。これは納得です。(そいえばアピチャッポンもそうかなー)

2.ヤスミンとの出会い。
お二人とも別々に東京国際映画祭の審査員としてヤスミン作品と出会ったそうです。審査の裏話など聞けて面白かった。

3.ヤスミン作品のお気に入りシーン
でも私は『タレンタイム』しかみていないので、シーンはわからなかったのですが、どれも観たい!と思わせるようなお話でした。

対談の後には、会場で販売していたタレンタイムのプログラム(日本の研究者などがタレンタイムをさまざまな角度から読み解いていて読み応えアリ)を購入し帰りの電車の中でゆっくりと読んできました。いいなー。こういうのタイ映画でもやろうかな。

あれもこれも観たいという気持ちが高まり、さっそく自宅に帰ってどこかでヤスミン作品のDVDを手に入れられないかなーと探してみましたが、英語字幕のある海外版はシンガポール(or香港)が有力。でも在庫がないとこばかりです・・・。マレーシアのサイトにもありましたが、マレー版は検閲後らしいのでいかがでしょう。いちおう10月~11月とマレーシアとシンガポールの出張の予定があるのでその時に探してみようかなどと検討中です。

ちなみにヤスミンは映画監督だけでなくレオバーネット(Leo Burnett)のクリエイティブ・ディレクターとしても活躍されており、マレーシアではそちらのほうでも有名だったそうです。そういえば、ペンエーク監督もレオバーネット出身だったよなーなどと思ってみたり。

先日、民放局で上映されてた世界のCM特集でも彼女のCMが流れてました。まさに彼女の作品のテーマがそのまま描かれている素晴らしいCMです。

いやー本当にいってよかった。ぜひ日本でもDVD化、いや劇場公開してほしいものです。
NHKあたりで流れれば、絶対に反響があると思います。






ヤスミンの軌跡



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/558-bfbf990f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。