. SIAMESE INDY ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2010 アピチャッポン特集にタイ人映画評論家も!
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2010 アピチャッポン特集にタイ人映画評論家も!
ドキュメンタリー映画祭としては世界的にも名の知れた山形ドキュメンタリー映画祭。
その山形が東京でも楽しめるのがこの、「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2010」。

今年は来週の9月18日~10月1日まで渋谷のユーロスペース、
そのあと10月9日~10月29日まで東中野のポレポレ東中野で開催されます。

そこでの注目は本年度カンヌ映画祭パルムドールを受賞したアピチャッポン監督の特集でしょうか。
山形ドキュメンタリー映画祭はアピチャッポン監督の才能をいち早く発見した映画祭としても知られています。

今回、カンヌ受賞作品の『ブンミおじさん(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)』は上映はされませんが、アピチャッポン監督の初期の作品である短編の『第三世界(Thirdworld)』と『真昼の不思議な物体(Mysterious Object at Noon)』が上映されます。

そして9月27日(月)18:45~はタイの有力英字紙・バンコクポストの映画評で有名なあのコン・リッディー(Kong Rithdee)氏のトークもあります。コン氏自身も共同で『改宗』『Baby Arabia』というドキュメンタリー作品を撮っているので、その話も聞けるかもしれませんね。

詳細はこちらをどうぞ。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2010

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
観に行きます!
こんにちは。

これは、良い情報を教えてもらえました。

アピチャッポン監督作品の上映日には行ってみたいと思います。

それと、「改宗」も観てみたいので、上映日に都合がつけば行きたいと思います。

また、タイ映画に関する情報がありましたら、教えてください。
【2010/09/15 23:22】 URL | kapiraja #- [ 編集]

ぜひご覧になってください!
kapirajaさん
コメントありがとうございます。
今回、アピチャッポン監督作品以外に、『改宗』と『稲作ユートピア』がタイ作品としては上映されます。いわゆるタイのシネコンでよく上映されているタイ映画とは雰囲気の違う作品ですが、国際的には評判の監督ばかりです。でぜひご覧になってくださいね。私も都合が合えば行きたいのですが、アピチャッポン特集は平日だし、それ以外の2作品が上映される時期はちょうど海外出張が入ってしまっていけないんです・・・。
【2010/09/19 01:09】 URL | taka #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/563-42b5e830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。