. SIAMESE INDY タイ映画もがんばれ~!
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ映画もがんばれ~!
先週末は、何度かブログで紹介した神田外語大学 国際言語文化学科主催の映画祭へいってきました。

なんと4本とも制覇しちゃいました。

タイ映画はあの有名な『ナンナーク』。
Nangnakposter.jpg
copyright: Tai entertainment

ノンスィー監督の大ヒット作です。
なにげに3年ぶりくらいに見た気がします。
改めてみると、やはりよくできているなーと感じますね。
結構グロいシーンが多いというか、
映画を観に来た人たちの間でも、怖かったという感想が多かったです。
満席でよかった。

タイ以外、他の国の映画も想像以上に素晴らしく、
正直、タイ映画もがんばらなきゃなーなどと思ってしまったり(笑)。

インドネシア映画の『囁く砂』は、NHKとの共同制作で、
映像も話もとても幻想的で、今回、一番の収穫でした。
私好みの作品です。
囁く砂
copyright:Christine Hakim Film, NHK

娘役のディアン・サストロワルドヨは、
あの『チンタになにがあったのか』の主演の子じゃないですか。
私の知ってる数少ないインドネシア映画で、また彼女が出てくるとは。
インドネシア映画=彼女のイメージです。
とても愛らしく、演技も上手いですね。
もう少し、政治的な背景を知ってると(なぜ放火するのか、なぜ逃げるのかなど)、
もっと面白いんだろうなー。
ちょっとインドネシアのこと勉強したくなりました。

ベトナムからは、『コウノトリの歌』。シンガポールとの合作。
コウノトリ gaga
copyright:ギャガコミュニケーションズ

ベトナムから見たベトナム戦争。かなりの大作ですね。
しっかりと見せ、いろいろ考えさせられました。
いい勉強になりました。
学生の方は、『プラトーン』と比較すればきっといいレポートがかけますよ!

そしてブラジルからは、『フランシスコの2人の息子』。
francisco gaga
copyright:ギャガコミュニケーションズ

これは、もうかなり完成度高いですね。
実話を元にしたサクセスストーリーで、素晴らしいドラマとして仕上がってます。
今回みた4つの作品の中で、唯一、涙がほろりときました。
音楽もよい!涙あり笑いありです。
作品が始まる前に先生もおっしゃってたけど、これを単純にサクセスストーリーとして見られるか、
それとも児童労働の観点から見るかなど、いろいろ考えさせられる点もありますね。

いやー、いい作品ってたくさんあるんですね。
タイ映画もがんばらないと。

ちなみに土日には、映画祭以外にも幕チャリと呼ばれるチャリティーフリーマーケットが行なわれてました(というかこちらがメインでした)。特に最終日には品物はかなりの値段まで下がり、有田焼のギフトセットが150円とか、おしゃれなジャケット(古着)最初は500円で売ってたのが20円(!?)とびっくりの値段がついてました。
無料で映画を見たうえに、各国のお菓子や飲み物もつき、さらに安く買い物までできて有意義な週末でした。土曜日はアジ研の図書館にもお邪魔してきましたし。

学生・先生ボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/60-e1a8f45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。