. SIAMESE INDY 『カラカラ』 観てきました
FC2カウンター

プロフィール

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カラカラ』 観てきました
ただいま劇場公開中の『カラカラ』を観てきました。

沖縄を舞台とした白人男性と日本人女性の不思議な旅を描いた作品です。
(すみません、またまたタイとも東南アジアとも関係ないです)

最初に感じたのは、『ロスト・イン・トランスレーション』の沖縄版のような印象でした。
沖縄へのエキゾチックな描き方はやはり監督がカナダ人だからでしょうか。
プロデューサーは日本の方ですが、やはり自分たちと異なる沖縄という描き方は気になります。
いや、むしろそれを狙っているのだと思いますが・・・。

タイにも多くありますが、
白人のもつアジアへの幻想、
そして白人に弱いアジア人女性。
正直、観始めてすぐにいやな気がしてきました。
しかも工藤夕貴さん演じる純子のわがままっぷりときたら、
観ててイライラしてしまうほど(笑)

でもその描き方は、そんな人間や感情をけっして綺麗に描くのではなく、
いやなところ、汚いところも含めて素直なので、
なんか最後にはちょっと好感をもってしまうのが不思議でした。

外国から見たアジアという点ではタイをテーマにした作品にも似たようなことが語れるかもしれません。
そういった意味でちょっと面白い作品だと思いました。

第36回モントリオール世界映画祭 世界に開かれた視点賞・観客賞のW受賞作品。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/04/02 15:21】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/11/25 12:25】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/12/06 12:13】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/602-fb29f086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。