. SIAMESE INDY ヌーヒン 東京へ行く
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌーヒン 東京へ行く
週末からはじまるタイ式☆シネマパラダイス。
今週はかってに強化週間です!

このブログでも、シネマパラダイスで上映される作品を、
ブロークバック・マウンテン効果!? Me...Myself
(『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』のネタバレがあるので注意!)

タイ式、もう一本入りました~!
(『シチズンドッグ』の紹介。こっちはネタバレありません)
にてお話しましたが、他の作品も簡単に紹介しましょう。
といってももうすぐ劇場で見られますから、ネタバレはなしでいきます。

さて、今日ご紹介するのは『ヌーヒン バンコクへ行く』。
noohin1.jpg
copyright:Sahamongkol Film International

私がタイに留学していた2006年、
個人的にこれだって作品がしばらくなく、寂しく思っていたところに、
ひさしぶりに面白い!と思えたのがこの作品でした。

ヌーヒンはイサーン(タイ東北地方)出身のパドゥン・クライシー(Padung Kraisri)による人気コミックの実写版で、日本でいうなら「ちびまるこちゃん」や「クレヨンしんちゃん」の実写版といったところといわれます。

個人的に見た目は「じゃりんこチエ」ぽいなと思いますが、「じゃりんこチエ」って時点で、私の年齢がばれるかもしれません(笑)

やんちゃでおかっぱのヌーヒンを演じたルンはまさにはまり役で、
この女優さんなしにはありえない作品に仕上がったと思います。
その後もヌーヒン役でテレビコマーシャルなどもつくられ、人気キャラとして定着しました。
将来、 (泉ピン子とか樹木希林みたいな)大女優になりそうですね。

コテコテのタイコメディーではあるけど、それがとてもうまく活かされてて、コテコテだからこそ新しく、そしておもわず笑っちゃうそんな映画です。

日本でも渋谷の単館系あたりで上映したら、絶対にじわじわとうけるであろうと当時思いましたが、本当に日本で見られる日がくるとは。(ちなみに東京国際映画祭ですでに上映させてます)。
途中でチープな感じ(でもチープではない)のアニメーションが入ってみたり、ミュージカルチックになってみたり、サブカル系に受けると思うのですが、いかがでしょう。

あと気になるのは、イーサン語はどう翻訳されているのかですね。映画の中では「ハウスマネージャー」など言葉遊び的なものがあるから、日本語にどう訳されているのかも楽しみ。

私は映画が気に入ったので、マンガ版も読んでみたのですが、こちらもやはり面白い!(といっても読むのはまだ少し難しいところもあるのですが)。タイ人とは逆のアプローチです。

ヌーヒンはイーサン語を話すので、マンガの文字上もイーサン語で書かれてるんです。
そして下にはタイ標準語でどういう意味かメモがあるので、イーサン語を勉強したい人にもいい教科書になります。セブンイレブンなどで10~15バーツ(30~50円)くらいで販売されてるので手軽に変えますし、お土産にいかがですか。

マンガの画と実写版がホントそっくりなんです。ぜひ映画と一緒にマンガも楽しんで欲しいですね。文字が読めなくてもなんとなくわかりますよ。

今回上映される一般公開作品のなかでは、『シチズン・ドッグ』とならんで、大好きな作品です。ぜひ、皆さんに観て欲しいです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/62-17bde253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。