. SIAMESE INDY アートも楽しめるパラダイス
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートも楽しめるパラダイス
前回のエントリーでも書いたのですが、
タイ式☆シネマパラダイス、実に楽しみ方は「映画」だけではありません。

現代アートの興味のあるかたも見逃せません。

タイの現代アートといえば、昨年5月に東京現代美術館で「Show Me Thai~みてみタイ~展」という、大規模なタイ現代アート展が開催されたばかり。

何気にタイ現代アートもアツイんです。

今回の映画祭で楽しめるのは、

【特別上映】タイの鬼才アピチャッポン・ウィーラセタクン監督特集
前回の『Wordly Desires』もそうですが、それ以外の長編4本もヨーロッパでかなりうけている作品ばかり。タイの映像アートを語る上でもはやアピチャッポンははずせないでしょう。

【特別上映】ウィスット・ポンニミット短編アニメ集
ライブは大盛況ですでに終ってしまいましたが、アニメ上映があるそうです。タム(ウィスット・ポンニミット)さんも、ソイ・プロジェクトの一員として、多数のアート展(横浜トリエンナーレやShow Me Thaiなど)へ参加しております。

【特別上映】『Total Bangkok』&CM集
ペンエーク監督も実はニューヨークでアートを学んでいた留学組のひとり。この『Total Bangkok』は、2007年にバンコクにあるTeo-Namfahギャラリーの“A Wave of Passion”展で作品として出されたものでもあります。ペンエーク監督の写真展も劇場内で開催中です。

【特別上映】『Navins of Bollywood』
いわずもがな、ナヴィンさんはアーティストとして長く活躍されており、このビデオアート『Navins of Bollywood』も東京現代美術館をはじめ、バンコクのギャラリーやFatフェスティバルで上映され注目されました。 今回は本人がいらっしゃってのアーティストトーク、見逃せません。

プラプダー・ユン「タイムービーズ」
映画を観たら、これを忘れずに鑑賞してきてください(男子トイレへ行く通路にあります!)。観た映画と比べればなお面白い。個人的には『ヌーヒン』が好きかなあ。

シネマートさん、映画ついでに現代アートのオイシイところをもってきたようです。

タイ式☆シネマパラダイスのパンフレットで吉岡さんが書かれている「脳内パラダイスを刺激するタイ式シネマ(特別上映作品)の魅力」も特別上映作品の楽しみために必読です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/69-58aaff51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。