. SIAMESE INDY もうすぐ、トムヤム・プラーディップ
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ、トムヤム・プラーディップ
正直、もう1ヶ月だけ帰国を延長してバンコクにいればよかったと、
ちょっと後悔してます。

なぜかというと、これのせいです。

tomyam.jpg

トムヤム プラーディプ@ジムトンプソン・アートセンター

3月19日から6月5日までバンコクで開催される
日タイ現代アート美術展です。

これだけ長い会期なので、その間にバンコクいけるかなあ・・・。

てか、ちょっとちょっと、この豪華な参加者見てくださいよっ!

世界を代表する日本人現代美術家の森村泰昌、小沢剛、そして奈良美智!
というかこの3人だけで、ロンドンでもニューヨークでもベルリンでも展覧会、開けますね。

さらにタイからは、タム君の愛称で日本でも売れっこ漫画家、ウィスット・ポンニミット&パートナーのウィーちゃんことワチラポーン・リムビプーワッド。
カンヌ映画祭ある視点部門グランプリ、第3回東京フィルメックス最優秀作品賞ととにかく国際的に支持されているタイの異才アピチャッポンウィーラセタクン、
タイの若手ファッションデザイナー、ジャールパット・アーチャワサミット、

そして、バンコク在住日本人なら知ってる(!?)スズキリョウタさん(漢字がわからない・・・)!

リョウタさんは、A Dayというタイの若者向け人気カルチャー雑誌にタイ語で連載をしてて、タイの若者の間でけっこう有名な方です。
私の友人の友人なのですが(つまり直接はあまり知らないということ)、
アート系のイベントでよく見かけました。
あと、タイのテレビで外国人カラオケ大会みたいな番組があったとき、パンダの歌を歌って準優勝されたときの動画を、本人から直接見せてもらいました。ミーパンダ♪ってやつです(笑)。しかもうまいし。
とても物腰の柔らかい方という印象ですね。

そしてキュレーターは、タイのスーパー女流キュレーターの、P'Jiabことグリティシア・ガーウィンウォン。彼女はすごいオーラを発して、弱気の僕はなかなか声がかけられません(笑)。いま、タイで一番熱いキュレーターだと思います。はい。

こんなメンバーそろっちゃって、
おもしろくないわけないっ!!

ちなみにトムヤム・プラーディプ、
トムヤムは皆さんご存知のトムヤムクンのトムヤム。
タイ語でトムは「煮る」、ヤムは「混ぜる」
(ちなみにクンはエビの意)、
そしてプラーディプはタイ語で「魚の刺身」を意味します。

ようは、タイと日本が混ざってますよということですね。

でも正直、トムヤム・プラーディプがあったら、あまり美味しくなさそうですが(笑)。
てか、トムしたら(煮たら)プラーディプ(刺身)じゃないじゃん!
なんてところが、実はタイっぽくていいんですけどね。
※個人的には、納豆パッタイとか、コームーヤーン寿司とかがいいな♪

さらに、このトムヤム・プラーディプ展に付随して
多くのワークショップやらシンポジウムがあるそうです。

以下、ジムトンプソンアートセンターホームページからかいつまんでご紹介。
詳細はホームページから!

超豪華っ!マジいきたい。

お茶会(A TEA CEREMONY )
日時:2008年3月21日(金) 午後2時~3時半
場所:Ayara Hall at the Jim Thompson House Museum compound
プログラムリーダー:: Fumiko Boughey and Chado Urasenke Tankokai Bangkok Association (CUTBA)

アピチャッポンのアーティストトーク(APICHATPONG ON VIDEOWORKS:AN ARTIST TALK WITH APICHATPONG WEERASETHAKUL)
日時:2008年3月27日(木) 午後7時~9時
場所: William Warren Library, Henry B. Thompson Building

アピチャッポンによるワークショップ
日時:2008年3月29日(土) 午前10時~午後6時
場所: William Warren Library, Henry B. Thompson Building
※これは、あらかじめCV提出による選考があるようです。てか、世界的な映画監督によるワークショップなんてすげぇな。

トムヤム・プラディップ セミナー
JAPANESE ART AND CULTURE: INSIDE OUT/ OUTSIDE IN
日時:2008年4月24日(木) 午後2時~4時半
場所: Ayara Hall at the Jim Thompson House Museum compound
話者: Yuko Hasekawa, Mami Kataoka and Raiji Kuroda
<シンポジウムプログラム>
13.30 Registration
13.50 Opening Speech by Director of the Japan Foundation, Bangkok
14.00 – 15.30 Japan Contemporary Art and Culture
Speakers:
- Yuko Hasekawa, Chief curator, Museum of Contemporary Art, Tokyo,
- Mami Kataoka, Senior Curator, Mori Art Museum, Tokyo and Hayward Gallery, London
- Raiji Kuroda, Chief Curator, Fukuoka Asian Art Museum, Fukuoka
15.30 – 15.45 Coffee Break
15.45 – 16.15 Question and Answer session
16.15 – 16.30 Closing speech by the Artistic Director of The Jim Thompson Art Center

ジャールパット・アーチャワサミットのワークショップ
WEAVING THE UNSOLVED RIDDLES
日時:2008年5月10日(土) 午後1時~5時
場所: William Warren Library, Henry B. Thompson Building
ワークショップリーダー: Jarupatcha Achavasmit

スズキ・リョータとプラブダー・ユン対談
RYOTA VS PRABDA
日時:2008年5月24日(土) 午後1時半~3時半
場所: William Warren Library, Henry B. Thompson Building

てか、こんな先まで予定決まってるなんて、タイらしくない(失礼っ)。

でも急な変更はタイならよくあること。
参加してみようと思ってる人は頻繁にホームページをチェックすべし。

基本的に無料みたいだし、ジムさんも太っ腹だな。

ううっ。行きタイ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/7-fdcd19ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。