. SIAMESE INDY Apichatpong Weerasethakul RETROSPECTIVE @タイ式シネマパラダイス
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apichatpong Weerasethakul RETROSPECTIVE @タイ式シネマパラダイス
今週末、タイ式☆シネマパラダイス@シネマート六本木は
アピチャッポン特集です!

thaishiki apichatpong
copyright:SPO

アピチャッポンはタイの映画監督の中で私が一番好きな監督です。
まだ初めて3ヶ月ちょっとのこのブログでもすでにおなじみの名前ですね。

『Worldly Desires』と長谷川祐子さんのトーク

Blissfully YoursのDVD

世紀の光

世界のアピウィラ

『世紀の光』タイ公開は4月10日

タイポピュラーカルチャーの中のミャンマー その3

『世紀の光』の行方

こんなにアピチャッポン監督作品のこと書いてました。
いまや世界で一番有名なタイの奇才と呼ばれるアピチャッポン。残念ながら日本ではDVDも販売されてなく、日本のファンは稀覯な(←いいすぎ?)上映会を待つしかないという状況なのです。

今回はそのアピチャッポン作品が一挙に5作品も!
こんな機会はめったにありません。

私はすでに『Worldly Desires』を観てきましたが、
それ以外の4作品もお薦めです。

山形国際ドキュメンタリー映画祭でインターナショナル・コンペティション優秀賞を受賞した『真昼の不思議な物体』はドキュメンタリーとはなにというのを問うような衝撃作でありアピチャッポン監督の長編デビュー作です。私がタイ映画に興味をもつきっかけとなった作品でもあります。カンヌより先に山形がアピチャッポンの才能を見出していたのですねー。

カンヌ映画祭ある視点部門グランプリの『ブリスフリー・ユアーズ』はアピチャッポンの名を世界へ知らしめた彼の出世作。

その次のカンヌ国際映画祭で審査員賞、東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞した『トロピカル・マラディ』は、中島敦の「山月記」と似た設定で、後にそのことをキュレーターの長谷川さんからきいたという逸話は前回、長谷川さんご本人のレクチャーで知りました。

『アイアン・プッシーの大冒険』は前3作とはまったく異なった雰囲気ですが、もしかしたら一番とっつきやすいかもしれません。往年のタイ映画へのリスペクトや政治的含意といったタイを知ってると思わずにやっとしてしまうところも多いですが、そうでなくても思わず見入ってしまうストーリーです。コンセプチュアルアーティストのマイケル・シャオワナーサイが女装で絶世の美女を演じる話題作です。

どの作品も見逃せないですねー。

今週末、六本木でアピチャッポン体験を是非!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/73-25a381e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。