. SIAMESE INDY 『The Truth Be Told』観てきました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Truth Be Told』観てきました。
6月25日まで『The Truth Be Told』上映中でお知らせしたピンパカ・トウィラ監督の『The Truth Be Told:The Cases Against Supinya Klangnarong』を観てきました。

truth be told
copyright: extravirgin

最終日、ギリギリセーフです。

一度目はバンコクでの関係者プレミア、二度目は自分が企画した研究会とよく考えたら一度もきちんとお金を払ってみてません。三度目の正直でようやく微々たるものですが恩返しができました。

個人的に、この作品は観るたびに理解度がよくなっていく気がします。というのもよほどのタイニュースに精通した人じゃないと、外国人にとってはスピンヤーさんが誰かというのはあまり知られていないし、政治的な作品ではないにしてもやはりその政治背景をしらないとやはり難しい気がするからです。

だから私が上映会を企画したときは、タイ政治研究家の先生を呼んで背景について話していただいたのですが、一般のタイ人ならともかく、一般の外国人は一度見ただけではちょっと難しいかもしれません。もし読者の皆さんが見る機会があるならば、ぜひ簡単にでもスピンヤーさんや当時の政治背景のことに目を通しておくことをおすすめします。

最終日というと、結構2~3人しか入っていないこともタイの映画館の場合多々あるのですが、ざっとみても20人弱ははいっていました。なかなかよかったのではないでしょうか。

最後にエンドクレジットが出て、そこにプロデューサーの名前がでるのですが、タイ映画やタイポップ関係が好きな方なら、「おっ」という人がこの作品の支援をしています。以前、監督がなにかのインタビューで、この経済的支援をしてくれた人を匿名で語っていたのですが(たぶん、作品が政治的なメッセージととらえられ迷惑をかけるのを避けようとしてだと思います)、しっかりとクレジットにはでてました。一応、監督の意思を尊重して、ここでもその方の名は出しませんが、たぶんこのブログを呼んでくださってる皆さんだったら「ほぅ」といってくれる方だと思います。

というわけで、最後までしっかり楽しめる(!?)作品です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/93-864436b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。