. SIAMESE INDY アユタヤ歴史研究センター別館 開館式に参加しました。
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤ歴史研究センター別館 開館式に参加しました。
約半年前、まだ私が留学生だったときにアユタヤ歴史研究センター別館の改修プロジェクトのお手伝いをしました。たまたま同じ大学で学んでいた友人がこのプロジェクトの一員であったことがきっかけだったのですが、2007年が日タイ修好120周年ということもあり、大々的にこの歴史研究センター別館を改修するとの話でした。ほとんど改修は済んでいたところ、ちょっとした確認作業などのお手伝いをして、数日アユタヤで過ごしました。

アユタヤ歴史研究センターの本館はアユタヤの島にあり、こちらも日タイ修好100周年のときに記念につくられ、いまでも多くの観光客や地元の小中学生の寄る場所となっています。
一方、この別館は島の外側にある日本人町跡の敷地内にあります。アユタヤは当時国際貿易で栄えており、世界中から物産や人が集まった場所だったのです。日本人も多くおりその多くは豊臣秀吉時代の弾圧により逃げてきたキシリタンだったといいます。こちらの日本人町跡も日本人のパックツアーは必ずといってよいほど寄る場所ですが、車以外だとなかなか来られないのがちょっと難点です。

さて、そんなアユタヤ歴史研究センター別館ですが、無事に改修も終わり、すでに一般公開されております。

そして2008年6月23日には、シリントーン王女がいらっしゃり、正式に開館式を執り行われました。(というか、もう一週間前の話なのですね!)私も、以前ちょこっとですが関わったこともあり、「一緒に来る?」と呼んでいただきました。

ayutthaya1.jpg
アユタヤ歴史研究センター別館です。式典当日はシリントーン王女の紫色の旗で、王女を迎えました。

ayutthaya2.jpg
館内です。こちらはアユタヤ時代に輸出入されていた物産のコーナーです。

ayutthaya3.jpg
館内は当時のアユタヤの姿をあらわす「ユデア」と呼ばれる地図が大きく描かれています。

ayutthaya4.jpg
一番手がかかってるのは、これかもしれません。日タイ関係600年が年表になっています。タイ・日本の出来事が比較でき、わかりやすいです。(でも、チェックするのは本当に大変でした・・・)

ayutthaya8.jpg
小さいですが、アユタヤや日タイ関係の本を置くライブラリーもあります。

yamada.jpg
こちらは、別館とはまた別の建物にある山田長政の像です。日本人にとってシャムの地で活躍した人といえばまずこの山田長政の名が挙がるでしょう。

ayutthaya5.jpg
開館式では王女がいらっしゃるということで、いろいろとブースも出されました。こちらは、アユタヤ時代にアユタヤより輸出されていた「蘇木」と呼ばれる色を染める木です。このきれいな紫の色がでます。

ayutthaya6.jpg
こちらはポルトガルの影響を受けたタイのお菓子のコーナーです。日本の鶏卵素麺と似たものもあります。ちょっと甘めですが、おいしいです。

ayutthaya7.jpg
タイの楽器と日本の楽器(尺八)のコラボもありました。

さすがに王女様がいらしたときは、写真を撮るような雰囲気ではありませんでしたので、王女の写真はありません。正式なテレビカメラや撮影隊がついていらしたので、その日のロイヤルファミリーニュースでは大々的に報道されたようです(私は見逃しました…)。

私は特にこの式典で何かをしたというわけではないのですが、プロジェクトにちょっとでも関われたのを嬉しく思います。センターの中にいると、いろいろ思い出し、ちょっとセンチメンタルになりますね(笑)。

小さなスタディーセンターですが、端からゆっくりみていくとかなりの勉強になります。ビデオも2つ流れており、以前と比べると寄りがいのある場所になったと思います。クーラーも利いているので、暑さから逃れるにもよいかもしれませんし(笑)。

アユタヤ観光の際にはぜひお寄りいただけますと幸いです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/96-25d766b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。