. SIAMESE INDY Thaiindieフィルムライブラリー@ギャラリーVER
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thaiindieフィルムライブラリー@ギャラリーVER
ギャラリーVERに行ってきました。
といっても、現在、展覧会は終ったばかりで、ギャラリー自体はもぬけのからなのですが、
私の目的はThaiindie Film Libraryのほうです。

Thaiindieというタイのインディペンデント系映像作家の集団に所属する作家たちの映像作品DVDが置いてあります。

gallery ver thaindie
copyright: thaiindie

以前「ギャラリーVER」というエントリーでご紹介しましたが、ようやく実物にお目にかかれました。

さて、VERですが、(バンコク中心からみて)チャオプラヤー川の向こう側にあります。
中心部からいらっしゃる場合は、シェラトンホテル前のシープラヤー港より渡し舟に乗っていくのが一番簡単だと思います。渡し舟を降りるとそこはクロンサーンで、ギャラリーはクロンサーンプラザにあります。

ver4.jpg

船を下りて徒歩1分(いや30秒かも)、ごった返すマーケットの中にギャラリーはあります。
大きな看板があるのですぐにわかります。

ver2.jpg

建物の2階ですが、エレベータはつかわずに階段でくるよう張り紙がしてあります(笑)。

さきほども申したとおり、私が訪ねたときは展覧会は行なわれてなかったので、
すっきりとしてました。チャオプラヤー川が見渡せて気持ちのいいギャラリーです。

ver3.jpg


その一画に、ライブラリースペースがあります。
テレビ、DVDプレイヤーと一脚の椅子。
展覧会が開かれてないので、もちろん人はおらず、ギャラリースペースの端にオフィスと思われる部屋があるので、そこにいた方に「DVD見てもいいですか」とひとことかけて見させてもらいました。

ver.jpg


棚には数は多くないですが、DVDが並んでおります。

ver5.jpg


ちなみに張り紙によると、現時点でおいてある作品は以下のとおりです。

Short Film List

Volatlize by Nontawat Numbenchapol
Six Short Films by Monchi Chatbamrungsuk
Trough the Eyes of a Wonder Boy by Chulayarnnon Siriphol
Distance of Intimacy by Zart Tancharoen
One True Thing by Vichart Somkaew
Four Short Films by Suchda Sirithanawuddhi
Ein Spross Am Alten Haus by Sasikan Suvanasuthi
Egolessness by Unnop Saguanchat
A Collection of Short Films by Chakiat Wongsuwan
The Burning Cathode Collection by Witcha Suraya
Sangkran by Vichart Somkaew
Male Seduction by Anucha Bunyawat
Pa Yan Cha Na (1) by Pharawi
A Compilation of Experimentals by Panata Ditsuvankul
Nontawat Numbenchapol Short Film 2006-2007
Animations by Twatpong Tangsajjapoj
Short Films by Unnop Saguanchat
All Video by Wirat Yangyeun
The Works of Sathit Sattarasart
Suracharn Mungkongwongsiri's Short Film Stock
Remains

私はまだ見たことのない作品を中心にそこから数点ばかり見させてもらいました。

May-thus Chaichayanonの短編作品4編(リストには載ってなかったですが)
「Home Alone」、「Take a message」、「I dream」、「Halo How Are You There(もしかしたら無題かも)」を見ました。「Take a message」は以前短編映画祭でもみたことがある非常に可愛らしい作品です。

次に「Nontawat Numbenchapol Short Film 2006-2007」で、やはり短編を4本。
「Volalilize」「atomica」「Love is our destination」「BoYd POd」
「Volalilize」には前回のエントリーでも紹介したペー(Arak Amornsupasiri)が出てました。
「Rak-Sam-Sao」を観てすぐだったので、ちょっとびっくりしました。全体的にスタイリッシュな映像が多いですが、「Love is our destination」はHIV陽性の人たちがあつまる団体をとったドキュメンタリーだったりと作品の幅を感じました。

最後にUnnop Saguanchatの「Egolessness」を途中までみてたのですが、次の予定があったので途中まで。また今度見ようと思いつつ、いついけるか予定表と検討中です。

ちなみにギャラリーがオフなのでもちろんエアコンも入っておらず、蒸し暑い中見続けていたのですが、途中で事務所の人(といってもヒップホップ系のお兄さん)が気を使ってくれて、扇風機と冷たいお水の差し入れをしてくれました。非常に嬉しい気遣い、それだけでVERの株はかなりあがりました(笑)。

ギャラリーが開いてない日はライブラリーも開いてない可能性があるので、行こうと思ってる方はあらかじめ確認していったほうがよいかもしれません。

最近ではインディペンデント作品もDVD販売されるようになりましたが、まだまだ見る機会が少ない分、このライブラリーは貴重な存在です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://siameseindy.blog47.fc2.com/tb.php/99-2420bd6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。