. SIAMESE INDY 映画(タイ以外)
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プール』にいってきます!
ヘルシンキの次にくるのはチェンマイ!今から楽しみな『プール』!

で以前に書いた『プール』、いよいよ今日から公開ですよ~!

というわけで、早速観に行ってきます♪

ではっ。

プール 公式ホームページ
8月30日の読売新聞朝刊に『花と兵隊』の記事がでています。
チュムプーさんからも教えてもらいました。

8月30日の読売新聞朝刊の社会欄に大きな記事を発見しました!
「兵士の魂 映画で帰国 タイ残留元日本兵6人の晩年を追った監督」
という記事です。かなり大きくてすごいです!

現在も関東、関西にて上映中。ぜひお時間のある方は劇場まで足をお運びください。

8月8日 『花と兵隊』の初回を観てきました。

未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画『花と兵隊』、8月8日から公開

hanatoheitai.jpg

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵








『闇の子供たち』 本日、そして9月にもWOWOWで放送されます
昨年の夏、大きな話題となったタイが舞台の人身売買の話、『闇の子供たち』。
何度か本ブログでも書きました。

『闇の子供たち』 明日8月2日より全国ロードショー
『闇の子供たち』観てきました。そしてバンコク国際映画祭2008でも上映されます。
『闇の子供たち』はバンコク国際映画祭2008で上映されないそうです
『闇の子供たち』上映中止に伴う記者会見が昨日、9月24日バンコクにて行なわれたそうです。
映画『闇の子供たち』の原作本を読みました
『闇の子供たち』のタイ人俳優プラパドン・スワンバーンさんが舞台挨拶をおこなったそうです。
『闇の子供たち』が2月19日にタイで上映されます。

その話題作がいよいよテレビでも放送されます。地上波ではないのですが、WOWOWにて本日(8月23日)の夜11時5分、そして9月28日の夜10時から放送されます。WOWOWを観られる方はぜひご覧ください。(我が家はWOWOW入ってませんが・・・)

WOWOW:闇の子供たち

ちなみにDVDはすでにリリースされてます。



8月8日 『花と兵隊』の初回を観てきました。
先日ご紹介しました松林監督の未帰還兵を追った作品『花と兵隊』を観てきました。

hanatoheitai.jpg


8月8日初日の最初の2回は監督・プロデューサーによる舞台挨拶があるときいてましたので、土曜日だけど早起きして朝一番の回に行ってきました。

編集中のものは何度か拝見していたのですが、完成した作品は初めてです。
音楽や字幕も入りとても見やすくなっていました。作品の流れもよかったと思います。

会場は朝10時の上映にも関わらずほぼ満席で、面白いのがその客層。半分以上がシニアで、そこに20代がちらほらと面白い客層の構成でした。「俺も同じ経験をしたよ」とはなしていたおじいさんもいらっしゃり印象的でした。

劇場を出るときに、次の回を見る人たちが劇場の外まで列をつくっているのをみて、作品への関心の高さを感じました。さまざまなメディアでも取り上げられていますし、監督、苦労の甲斐がありましたね。

舞台挨拶の詳細は、こちらの記事をご覧頂くとして、
Cinema Topics Online
私が監督の言葉で印象的だったのは、
私たちは戦場は知らない世代だが、戦争は知っているといった意味の言葉。

戦争は遠く離れた昔のものではないことを実感しました。

もちろん監督は未帰還兵のことを学んで取材に向かってますが、
私のような未帰還兵や戦争についてあまり詳しくない多くの同年代に見てほしいです。
作品に出てくる未帰還兵の皆さんも戦場にいたのは20代で、
そのころの気持ちや記憶を語っています。だからこそもっと近く感じるのではないかなと思います。

渋谷のシアターイメージフォーラムで上映中です。

imageforum.jpg
カメラを忘れてしまったので携帯電話で撮った上映後の劇場前です。

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵





未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画『花と兵隊』、8月8日から公開
かつて太平洋戦争中にビルマ戦線へ多くの日本兵が送られた。そして敗戦をむかえても日本へ還らなかった兵隊たちがいた。それはなぜなのか?

hanatoheitai.jpg

そんな未帰還兵を追ったドキュメンタリー映画がこの『花と兵隊』です。未帰還兵らはタイやタイ・ミャンマーの国境付近にて家庭を築き生活を続けてきました。戦後約60年が経ち、彼らも90歳前後の年齢。そういった点からも彼らの言葉を記録するというのは非常に大切なことだと思うのです。毎年8月になると戦争について考える機会が多いですが、今年はこの映画でタイにいる未帰還兵のことを知り戦争について考えるのもいい機会だと思います。

監督は現在30歳、撮影時はまだ20代であった松林要樹監督。実は私と同い年です。そして松林監督とは、私がタイに留学中に知人を通して知り合い、タイでもそして日本に戻ってからもときどきご飯を食べにいったり映画のことを語ったりしました。

そして本当に作品の一部ですが、私もこの映画に関わらせてもらってます。公開にたどりつくまでの監督の苦労を知っているので、人一倍にこうして劇場で上映されることを嬉しく思います。

実は試写会にもお誘いいただいていたのですが、平日だったこともあり、(私はサラリーマンなもので・・・)まだ完成版をみてません。断片断片でしっている映像が敏腕編集マンの辻井さんによってどう編集されたのかも楽しみです。

8月8日から渋谷のシアターイメージフォーラムにて公開。その後、大阪、名古屋、神奈川と全国で公開されるようです。多くの方に観ていただきたい作品。私も初日に観に行きます。

『花と兵隊』公式ホームページ

松林監督のブログ:還らなかった日本兵





『バンコック・デンジャラス』 いよいよ今日、5月9日から日本公開。
このブログでもだいぶ前から追ってきました。

『レイン』のリメイク版ももうすぐか!?
ハリウッド版『Bangkok Dangerous』来週いよいよ公開!
来月、『バンコック・デンジャラス』がいよいよ日本でも公開されます!

bangkok dangerous1
copyright:プレシディオ

いよいよ今日から日本公開ですね(他の国と比べるとだいぶ遅い公開ですが・・・)。
時間をみつけて観に行かないと。

『バンコック・デンジャラス』公式ホームページ

トレーラー

来月、『バンコック・デンジャラス』がいよいよ日本でも公開されます!
かなり前に、「『レイン』のリメイク版ももうすぐか!?」や「ハリウッド版『Bangkok Dangerous』来週いよいよ公開!」で書いたニコラス・ケージが主演で全米初登場1位となった、タイ映画『レイン』のハリウッドリメイク版『バンコック・デンジャラス』が日本で公開されます。

ゴールデンウィーク明けの5月9日から、全国の映画館で公開です。ハリウッド映画として純粋に楽しむのもあり、オリジナルのタイ映画『レイン』と見比べるのもありですね。ちなみに監督はどちらもパン兄弟。つまりセルフリメイクというわけですね。

日本語の公式サイトもオープンしてます。

『バンコック・デンジャラス』オフィシャルサイト

バンコクとバンコック・・・個人的にはバンコクのほうがしっくりくるのですが、これって世代的なもんなんでしょうかね?

トレーラーもあります。ちなみにこの作品、私はまだ観てないんで確かではないのですが、トレーラーの中で"He is a very good man same like you"を 「次期大統領候補なんだ」って訳してるみたいですが、これってもしタイの話ならよろしくないのでは・・・大統領って・・・。首相のことなのかしらん?うーん気になる~。




ヘルシンキの次にくるのはチェンマイ!今から楽しみな『プール』!
『かもめ食堂』や『めがね』の制作チームが現在撮っているのが『プール』。
なんと撮影地はチェンマイ!2月1日からチェンマイでクランクインしてたそうです。公開は9月予定とまだまだ先ですが、いまから楽しみですー。

主演の小林聡美さんのホームページにはチェンマイ生活の様子がたっぷり。

あ、日記に書いてある料理教室、私もチェンマイで体験しました(同じところかはわかりませんが)。そう、市場に行って買い物をして、7品くらい作るんです。つくるのはいいけど、食べるのが大変なくらいたっぷり。でも楽しかったなー。チェンマイ動物園も好きです。パンダにいやされたなー。お坊さんもパンダを観に来てたのが印象的でした。

チェンマイはほどよく便利(都会)で、でも静かだし情緒もあるし大好きな街です。今度住むならバンコクもいいけど、チェンマイも捨てがたいなー。日本で宝くじでも当てて、チェンマイに別荘がほしい(笑)

私は『かもめ食堂』も大好きで、典型的ですがああヘルシンキに行ってみたいなーと思った大多数の中の一人です(まだ実行にはうつしてないですが)。きっと『プール』をみたらチェンマイに行きたい!と思う人が増えるんじゃないですか。チェンマイはプーケットやパタヤといったビーチとはまた違い、古都でありつつお洒落なカフェやアートな雰囲気も味わえる絶対に女の子ウケする街だと思います。

チェンマイブーム、くるかもよー。

原作は人気女性漫画家の桜沢エリカさん(夏に発売予定だそう)、そして『デトロイト・メタル・シティ』や『カイジ』などの映画脚本などを担当している大森美香さんがメガホンをとられるそうです。(荻上直子監督じゃないんですね)

公式サイトはこちら。
『プール』公式サイト

小林聡美さんのホームページにはチェンマイの様子がたっぷり。
このホームページとっても面白くて私のツボです。コナ部のカノムクロックに、チェンマイ動物園もなつかしいな。ポストクラブ動画もチェンマイですね!もたいさんにはまりそう。ツクツクってー(トゥクトゥク?)

素の聡美さんも素敵です。

小林聡美.jp




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。