. SIAMESE INDY タイ映画
FC2カウンター

プロフィール

taka

Author:taka
2005-2007年バンコクのチュラロンコーン大学(修士)へ留学してました。専攻はタイ地域研究。修論はタイ映画、タイ現代アートを含むタイ現代文化について。

ブログではタイ映画やタイアートのことを中心にタイに関することを書いてます。メコン圏やアセアンの文化もご紹介したいと思ってます。

現在は都内の旅行会社でMICE(イベントや展示会、見本市)の仕事をしています。いつか自分でタイ文化のイベントとかもできればいいな。

コメントをいただくと大変励みになります!個人的なメッセージは下のメールフォームもしくはこちらのアドレスへどうぞ。
siameseindy@gmail.com
(送るときは@を半角の@にかえてくださいね)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

INFORMATION

萌えるタイ2011
『萌えるタイ読み本2011』に記事を書かせていただきました!

sepet
ヤスミン・アフマドの世界②『細い目』『グブラ』『ムクシン』に「ヤスミン作品を支えるタイ音楽のフィーリング」という記事を書かせていただきました!

このタイ映画がすごい2009
このタイ映画がすごい!2009に記事を書かせていただきました!

タイ式シネマパラダイス
タイ映画祭・タイ式シネマパラダイスのパンフレットに記事を書かせていただきました!

みてみタイ
タイ王国・現代美術展 Show Me Thai ~ みてみ☆タイ ~のカタログ内の記事を翻訳させていただきました!

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

外部リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SIAMESE INDY
อินดี้ & ยินดี なこと。タイの映画とかアートとか。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本タイ学会の若手研究会で発表をしました。
先週の土曜日(2月12日)に東京大学にて開催された日本タイ学会の若手研究会(仮称)にて、
「グローバライゼーションと97年以降のタイ映画:独立系映画を中心に」というタイトルの発表をさせていただきました。

こういった研究の場自体が3年ぶりくらいでしたし、仕事の多忙にかまけてほとんど準備ができてなく、
非常にお粗末な発表でしたが、当日は多くの方にきていただき、貴重なコメントもたくさんいただけ大変感謝してます。皆さま、ありがとうございました。

発表内容はチュラ大での修士論文から抜粋をしたものだったのですが、よくよく考えると自分のタイ映画は2008年くらいで止まっているなーと。というわけで、大量に自宅の部屋に眠る最近のタイ映画DVDをどうにか観なければと思う今日この頃なのです。

タイ研究という枠で、さまざまな分野の研究者が集まり、それぞれの視点で話が聞けるので非常に面白く、話も参考になりました。サラリーマンをしながらも、やっぱり研究はしつづけたいとあらためて思ったのでした。

最近はこのブログも休みがちなので、少し意識しながら頑張ります。

『自転車とラジオ』 観てきました。
先日お知らせした、なかのムービーラプソディーというイベントで上映された『自転車とラジオ』を観てきました。

自宅から中野はかなり遠いのですが来たかいがありました。とてもよかったです。

オー ナタポン監督は『Moment in June』からもなんとなく、ノスタルジーを感じさせる作風のイメージですが、まさにビンゴ。個人的にスンタラポーンの響きも好きですし、映像も好みだなあ。雨のシーンが似合う監督です。役者も期待通りよかったです。ストーリーはベタですが、そこもわかりやすくて、舞台のアユタヤの素朴さと相まって悪くないなと。若くしてこういった作品をつくれるのは、将来有望ですよ。注目してるタイの作家です。

ちなみに『自転車とラジオ』を目的で行ったのですが、同じく上映されていた『切符師-SEPPUSHI-』という日本の短編作品がこれまた面白くて思わぬ収穫でした。最初、改札で切符をきってくれる方の話なのかなー、つまりはぽっぽや的な田舎の心洗われる感動話なのかなどと想像をしていたのですが・・・。切符師とは改札機の中で切符をさばく人のこと。つまり改札機の中には人がいるということを想定したお話なんです。まず発想から面白いですよねー。でもそれが本当にマジメな話で、だからこそ思わず笑ってしまう。主演のミョンジュさんもよい味だしてたし、高嶋監督も大物になりそうな予感です。

久しぶりに短編映画を連続でみると、タイの短編映画祭に通っていたころを思い出します。短編はその監督の可能性がみえるようで面白いですね。


なかのムービーラプソディーにて、『 自転車とラジオ 』が上映されます。
12月5日に中野ZEROで開催されるなかのムービーラプソディーという上映イベントにて、『 A Moment in June 』で長編デビューしたオー・ナタポン監督の短編作品『自転車とラジオ 』が上映されるそうです。

気になっているタイ映画監督のひとりです。
観に行こうかただいま検討中。

詳細はこちらを。
短編ながらキャストも豪華だし、日本人の美術の方(今井伴也さん)が入っていらっしゃいます。

なかのムービーラプソディー 自転車とラジオ



本日、東京国際映画祭でアーティット監督の『ハイソ』上映されます。
『Wonderful Town』のアーティット監督の新作『ハイソ』が本日、東京国際映画祭で上映されます。

hi-so.jpg
copy right: Pop Pictures

残念ながら、私は前売り券をゲットできず・・・かといって若干の当日券を求め、千葉の奥地からはるばる六本木まで朝から並ぶ気力もなく・・・。残念ながら観られそうにないです。アーティット監督、好きだから観たいけど・・・仕方ないです。28日にも上映がありますがこちらは平日なのでサラリーマンには難しいんです。


というわけでご覧になられた方は、ぜひネタばれなしで感想をお聞かせください。監督も登壇されるそうですよ。
ちなみに主演は、すっかりタイ映画ではかかせなくなったアナンダです。


仲良くなれば、いっしょにピザを食べに行けるかも?(笑)→ Pop Pictures: Hi-So in Tokyo!


ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2010 アピチャッポン特集にタイ人映画評論家も!
ドキュメンタリー映画祭としては世界的にも名の知れた山形ドキュメンタリー映画祭。
その山形が東京でも楽しめるのがこの、「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2010」。

今年は来週の9月18日~10月1日まで渋谷のユーロスペース、
そのあと10月9日~10月29日まで東中野のポレポレ東中野で開催されます。

そこでの注目は本年度カンヌ映画祭パルムドールを受賞したアピチャッポン監督の特集でしょうか。
山形ドキュメンタリー映画祭はアピチャッポン監督の才能をいち早く発見した映画祭としても知られています。

今回、カンヌ受賞作品の『ブンミおじさん(Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives)』は上映はされませんが、アピチャッポン監督の初期の作品である短編の『第三世界(Thirdworld)』と『真昼の不思議な物体(Mysterious Object at Noon)』が上映されます。

そして9月27日(月)18:45~はタイの有力英字紙・バンコクポストの映画評で有名なあのコン・リッディー(Kong Rithdee)氏のトークもあります。コン氏自身も共同で『改宗』『Baby Arabia』というドキュメンタリー作品を撮っているので、その話も聞けるかもしれませんね。

詳細はこちらをどうぞ。

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー 山形in東京2010


山田長政を描いたタイ映画『The Samura of Ayothaya』が間もなく公開予定!
山田長政の映画化の話は私がタイに留学していた時からあって、
その後、日本に戻ってもう2年以上経ったのに、
そういえば一向に公開された話をきかないなーなんて思ってましたが、
いよいよ10月21日に公開だそうです。

2010年8月号のタイ情報たっぷりのフリーマガジン「D-mark Magazine」
主演の大関正義氏のインタビュー記事が載っています。

d-mark201008.jpg


さて公開されてどんな反響が起きるのか、そこが一番気になるところです。

タイ好きでなくても、日本人なら山田長政という名前は多くの人が知っています。
歴史好きな教養のあるおじさんとか、タイって話をすると必ず山田長政の話はでますね。
特に私はタイ留学という、日本ではまだ一般的でない留学先を選んだということもあり、
耳にタコとまではいきませんが、よく聞かされたものです。

だから、ちょっと気になるのがタイ映画だけれど、日本人がみて納得いくものなのか。
インタビューの記事からはアクションと友情がテーマのようですので、
どちらかというとタイ人をターゲットにした話のようです。
もちろん、マッハ!に始まるタイ式アクションは世界的にも有名ですから
世界市場も視野に入れているとは思いますが、少なくとも歴史映画的な要素は薄そうな印象です。

たぶんいろんな方が映画を観て検証されるだろうし、
単にタイが一方的に描いた山田といわれなければいいな。
ま、そんなの杞憂かもしれませんが。


この作品ができあがったということもそうですが、
それよりもタイから帰ってこんな時間が経っているということのほうも感慨深いです。
ああ、トシトッタ(笑)。


Congratulations! P'Joe!!
今朝、眠気まなこでボーっと目覚ましテレビをみていたら
「アピチャッポン監督」の名前が・・・

ん。。。日本のテレビでアピチャッポン・・・

「ブンミおじさん」がカンヌでパルムドール受賞ですって!

ピジョー、おめでとうございます!!
こころから嬉しいです。

ちなみに軽部アナ、監督の名前いえずにかんでましたね(笑)
前にも「チュラロンコーン大学」いえてなかったし。タイ語むずかしいね。

チョムプーさんのブログで教えてもらった動画、受賞の瞬間です。感動がぐわーっておそってきました。





明日、東京フィルメックス開幕!タイからはペンエーグ監督の『ニンフ』
明日からとうとう東京フィルメックスが開幕しますね。
アジア映画好きにはたまらないコンペ作品群になってます。

タイからはペンエーグ監督の『ニンフ』。

私、ペンエーグ監督作品はどれも好きですが、この新作はまだ観ていないのでぜひ見たいと思っているのです

が・・・

なんかスケジュールが微妙なんですよね・・・。

水曜日の21時20分だと終電がギリギリ間に合うかどうか。
金曜日の18時40分だと仕事を定時ですぐに出ないと間に合わない
(というか定時に帰れるか保証ないし・・・てかほとんどムリ)

うーん、1回くらいは土日祝にしてくれればよかったのにー。
てか、当日券でいけるのかな。

他にも観たい作品がたくさんです。

詳細はこちら。
TOKYO FILMeX 第10回東京フィルメックス




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。